東京⇔大阪|スマートEXの料金・使い方・もっと安い新幹線の乗り方

スマートEXってサービスを使ったら新幹線に少し安く乗れるらしいけど、どれくらい安くなるんだろう?使い方もよくわからないし…
そもそも、もっと新幹線が安くなる方法あったりしないかな…?

本記事ではこのような東京⇔大阪のスマートEXを使った新幹線移動に関する悩みについて解説していきます。

本記事の内容
  • スマートEXの各商品とその料金の紹介
  • スマートEXの各商品の特徴やルール・使い方
  • スマートEXでの新幹線の予約方法・乗車方法
  • スマートEXとEX予約との違い
  • スマートEXよりも安く東京⇔大阪の新幹線に乗る方法

ただでさえ、東京⇔大阪を新幹線で移動できる格安プラン・切符はたくさん存在していてわかりにくいです。

スマートEXの各商品の料金や使い方が分かるだけでなく、もっと安く新幹線を使える方法も紹介しているので、最後まで読んでいただかないとをする可能性も…

スマートEXより安い!新幹線の格安切符・格安プラン

スマートEXの東京⇔大阪で使える新幹線の商品一覧と片道料金

東京⇔新大阪で新幹線を使う場合、スマートEXで使えるのは以下に紹介する6つの商品です。

それぞれの片道料金と通常料金との差(お得になる金額)を表にまとめました。

普通車指定席利用の場合

商品名 片道料金(おとな) お得になる金額
スマートEX(基本商品) 14520円 200円
EX早特21 11200円 3520円
EXのぞみファミリー早特 12570円 2150円
EXこだまファミリー早特 10080円 5030円
通常料金 14720円 0円

グリーン車利用の場合

商品名 片道料金(おとな) お得になる金額
EXグリーン早特 14670円 4920円
EXこだまグリーン早特 11410円 0円

スマートEXの各商品の特徴やルール

スマートEXを用いて東京⇔新大阪の新幹線に乗車する方法は6つあると述べました。

それぞれについて、特徴やルール、どんな人にオススメかを詳しく解説していきます。

通常のスマートEXの特徴やルール

通常のスマートEXの特徴
普通車指定席の料金 大人 14520円
グリーン車の料金 大人 19390円
予約可能な期間 1か月前~新幹線の発車4分前
利用可能な期間 通年
予約できる新幹線 すべての新幹線
利用可能な人数 1人~6人

通常のスマートEXがオススメな人の特徴

  • 「のぞみ」や「ひかり」に1人で乗る人
  • 新幹線乗車日まで3日ない人
  • 新幹線に乗る時刻が直前にならないと決まらない人

まず紹介するのはスマートEXの基本商品です。大人1人あたり片道200円通常料金より安いですが、正直あまりお得感はありません。

ただし、新幹線の発車4分前というかなり直前まで予約可能なので、最も時間に融通の利く商品となっています。

EX早特21の特徴やルール

EX早特21の特徴
普通車指定席の料金 大人 11200円
小人 11200円
グリーン車の料金 設定なし
予約可能な期間 1か月前~21日前
利用可能な期間 GW・お盆・年末年始を除く
予約できる新幹線 乗車駅を6時台・11~15時台に発車する「のぞみ」
利用可能な人数 1人~6人

EX早特21がオススメな人の特徴

  • 新幹線乗車日まで21日以上ある人
  • 駅を6時台・11~15時台に発車する新幹線に乗ってもいい・乗りたい人

EX早特21はスマートEXの中で最も安く「のぞみ」に乗車できる商品です。

その代わり乗車できる新幹線が限られていたり、予約は21日より前にしないといけないなど制約の多い切符です。

EXのぞみファミリー早特の特徴やルール

EXのぞみファミリー早特の特徴
普通車指定席の料金 大人 12570円
小人 6280円
グリーン車の料金 大人 14670円
小人 8380円
予約可能な期間 1か月前~3日前
利用可能な期間 GW・お盆・年末年始を除く土休日
※2022年3月31日まで平日も利用可能
予約できる新幹線 すべての「のぞみ」
利用可能な人数 2人~6人

EXのぞみファミリー早特がオススメな人の特徴

  • 「のぞみ」に2人以上で乗る人
  • 「のぞみ」に土休日に乗る人
  • 新幹線の乗車日まで3日以上かつ21日以下である人

EXのぞみ「ファミリー」早特という名前ですが、別に家族でなく友人・知人と利用する場合でも利用可能な商品です。

ただし、新幹線の乗車日まで21日以上ある場合なら、1つ上で紹介しましたEX早特21の方が安くなりますのでご注意ください。

EXこだまファミリー早特の特徴やルール

EXこだまファミリー早特の特徴
普通車指定席の料金 大人 10080円
小人 5030円
グリーン車の料金 設定なし
予約可能な期間 1か月前~3日前
利用可能な期間 GW・お盆・年末年始を除く
予約できる新幹線 すべての「こだま」
利用可能な人数 2人~6人

EXこだまファミリー早特がオススメな人の特徴

  • 新幹線にできるだけ安く乗りたい人
  • 2人以上で新幹線に乗る人
  • 新幹線乗車日まで3日以上ある人

EXこだまファミリー早特はスマートEXの中で最も安く新幹線に乗車することのできる商品です。

ただし、「こだま」のみしか使うことが出来ないので、東京~大阪の移動に4時間ほど時間がかかってしまいます。(のぞみなら2時間15分程度)

時間にある程度余裕がある人にオススメの商品となっています。1人での利用したい場合は「ぷらっとこだま」を使うことを検討してみてください。

東京⇔大阪のぷらっとこだまの新幹線代は?もっと安く乗る方法はある?

2019年2月1日

EXグリーン早特の特徴やルール

EXグリーン早特の特徴
普通車指定席の料金 設定なし
グリーン車の料金 大人 14670円
小人 14670円
予約可能な期間 1か月前~3日前
利用可能な期間 GW・お盆・年末年始を除く
予約できる新幹線 乗車駅を6時台に発車する「のぞみ」「ひかり」
利用可能な人数 1人~6人

EXグリーン早特がオススメな人の特徴

  • のぞみ・ひかりのグリーン車に安く乗りたい人
  • 新幹線乗車日まで3日以上ある人
  • 駅を6時台に発車する新幹線に乗ってもいい・乗りたい人

EXグリーン早特は駅を6時台に発車するのぞみ・ひかりのグリーン車に安く乗れる商品です。

6時台に発車する新幹線しか使えないという制約があるので、少々使いにくいですが、時間さえ合えば有用な商品です。

EXこだまグリーン早特の特徴やルール

EXこだまグリーン早特の特徴
普通車指定席の料金 設定なし
グリーン車の料金 大人 11410円
小人 11410円
予約可能な期間 1か月前~3日前
利用可能な期間 GW・お盆・年末年始を除く
予約できる新幹線 すべての「こだま」
利用可能な人数 1人~6人

EXこだまグリーン早特がオススメな人の特徴

  • グリーン車にできるだけ安く乗りたい人
  • 2人以上で新幹線に乗る人
  • 新幹線乗車日まで3日以上ある人

EXこだまグリーン早特はこだまのグリーン車に11410円で乗れてしまう商品です。

こだましか利用できないため、時間はかかってしまいますが、グリーン車でゆったり移動したい人にはうってつけの商品です。

補足:EX予約とスマートEXの違い

スマートEXとよく似たサービスでEX予約というサービスがあります。

実際、兄弟のようなサービスでかなり似通っていますが2つの違いを簡潔にまとめておきます。

サービス スマートEX EX予約
利用可能な新幹線 東海道・山陽新幹線 東海道・山陽新幹線
年会費 無料 年に1100円
使えるクレジットカード 何でもOK 決められたものしか使えない
持っていないなら入会する必要あり
予約方法 スマホ・ネット予約 スマホ・ネット予約
予約変更 何度でも可能 何度でも可能
乗車方法 交通系ICカード
切符
交通系ICカード
EX予約専用ICカード
切符
基本商品 基本商品は通常の新幹線料金より200円お得 基本商品は通常の新幹線料金より1100円お得
早特商品 EX早特21
EXグリーン早特
EXこだまグリーン早特
EXのぞみファミリー早特
EXこだまファミリー早特
EX早特21
EXグリーン早特
EXこだまグリーン早特
EXのぞみファミリー早特
EXこだまファミリー早特
e特急券

料金面でいうと早特商品はスマートEX、EX予約ともに存在しており、値段はかわりません。

ただし、基本商品の値段がEX予約の方が安いです。しかしEX予約は年会費が1100円必要です。

結論として、東海道・山陽新幹線を年に数回利用する人はEX予約、そうでない人はスマートEXの方がオススメです。

スマートEXでの新幹線の予約方法・乗車方法

スマートEXを用いて新幹線を予約する場合、通常の新幹線の予約方法・乗車方法とは異なる場合があります。

安く変えても切符の受け取り・乗車方法がわからないと意味がないので、ここで説明していきます。

スマートEXでの新幹線の予約方法

  • スマホでネットから予約
  • スマホでアプリから予約
  • PCから予約

スマートEXでの新幹線の予約方法は上記の3つです。通常の新幹線のように駅の券売機や有人窓口で予約することはできないので注意が必要です。

詳しい予約方法は「予約ガイド|スマートEX」をご覧ください。

スマートEXでの新幹線の乗車方法

スマートEXで新幹線に乗る方法は以下の2つです。

  • 交通系ICカードで新幹線に乗車する
  • 切符を受け取って新幹線に乗車する

それぞれについて詳しく解説していきます。

交通系ICカードで新幹線に乗車する

交通系ICカードとはSuicaやICOCA,TOICAのようなタッチして電車に乗れるICカードのことです。

そのままで新幹線に乗ることはできませんが、スマートEXで新幹線を予約後、登録をすれば交通系ICカードで新幹線に乗車することが出来ます。

登録後は新幹線の改札に交通系ICカードをタッチするだけで新幹線の改札内に入れます。なお、タッチ時に出てくる「EXご利用票」を取り忘れないよう注意してください。

また、新幹線料金はICカードのチャージから引き落とされるのではなく、事前にスマートEXに登録しているクレジットカードから引き落とされます。

切符を受け取って新幹線に乗車する

スマートEXを使って新幹線を予約し終えると、切符の「受取コード」が発行されます。

JR西日本またはJR東海の指定席券売機や受け取り専用機・窓口でこの受取コード入力、もしくはかざすことで予約した新幹線の切符を受け取ることが出来ます。

注意点としてはJR東日本の指定席券売機や窓口では受け取れない点です。東京近辺にお住まいの方はご注意ください。

東京⇔大阪をスマートEXよりも安く新幹線で移動する方法

新幹線を安く使える切符・プランはいくつかありますが、ここでは特にお得に、安くなるものを厳選して紹介します。

東京⇔大阪をできるだけ安く、格安で新幹線移動する方法について詳しく知りたい方は別記事にまとめましたのであわせてご覧ください。

【失敗なし】東京⇔大阪の新幹線の格安切符のススメ!料金を徹底比較

2018年11月4日

東京⇔大阪は「新幹線+宿泊セットプラン」が1番お得


>>【ホテル代実質無料】「新幹線+宿泊セットプラン」公式サイトはこちら

到着した先でホテルなどに泊まる予定がある方でしたら、東京~大阪の新幹線移動は日本旅行の新幹線+宿泊セットプランを激オシします。

なぜなら、普通に東京⇔大阪を往復するだけでも、新幹線代だけで27,000円ほどかかってしまうところ、

  • 東京発だと約21,000円~
  • 大阪発だと約19,000円~

の料金で東京⇔大阪を新幹線で往復し、かつホテルに宿泊することもできます。

新幹線の時間帯や、のぞみ・ひかり・こだまのどれに乗るかによっても追加料金が数千円かかりますが、それを差し引いても宿泊代が実質無料になるくらいお得です。

デメリットは宿泊予定がないと利用できないところくらいです。

↓↓宿泊代が実質無料↓↓

※新幹線の座席やホテルの部屋には限りがあります。早めに予約しないと良いホテルや希望の新幹線の時間帯がとれない場合も・・・

【東京⇔大阪】新幹線日帰り往復プランなら6000円以上お得に!!


>>6000円以上もお得!新幹線日帰り往復プランはこちら

「新幹線で往復はしたいけど、日帰りで宿泊予定はないんだよな…」という方はこのプランが最安!東京発でも大阪発でもどちら発でも使えます

東京⇔大阪の往復は通常料金だと、27000円ほどかかってしまいますが、このプランは21000円~なので6000円以上も安くなります。

↓↓新幹線代6000円以上お得↓↓

※新幹線の座席やホテルの部屋には限りがあります。今すぐ予約しないと良いホテルや希望の新幹線の時間帯がとれない場合も…

東京⇔大阪の片道の新幹線移動なら「ぷらっとこだま」

新幹線「こだま」の画像

「ぷらっとこだま」という切符を使うと、東京⇔新大阪を片道10,700円で移動することができます。

片道だけ新幹線に乗る場合や、到着先で宿泊はするがホテルなどの予約が必要ない場合などにおすすめです。

ただし、「こだま」しか乗ることができないため、東京⇔新大阪が4時間ほどかかってしまい、急ぐ人にはおすすめできません。

>>ぷらっとこだまの公式サイトはこちら

あなたにピッタリの東京⇔大阪の新幹線の切符・プランは・・・

「はい」または「いいえ」を選択していくとあなたにピッタリの新幹線の格安切符・プランが見つかります。

新幹線格安ナビ
往復ともに新幹線を使う?

簡単にまとめると、新幹線の切符・プランは以下のように選ぶともっとも安く賢い選択になる場合が多いです。

あなたに合った新幹線の格安切符・プラン

東京⇔大阪の移動は飛行機や高速バスも検討するべき

なお、新幹線を使った東京⇔大阪の移動ですと、どうしても費用が高くついてしまいます。

安く済ませたいなら、高速バスや飛行機なども検討するべきです。

【徹底比較】東京~大阪の移動手段はどれが1番速い?安い?快適?

2018年7月1日

スポンサードリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です