vscodeのターミナルをanaconda powershell promptに設定

vscodeのターミナルでanaconda powershell promptを選択できるようにしたのでそれの忘備録です。

Anaconda PowerShell PromptのPathをコピー

設定にはAnaconda PowerShell Promptのパスをコピペする必要があるので、まずはパスをコピーします。

とはいえ、Anaconda PowerShell Promptってどこにあったっけ?

ってなりますよね、順番に説明します。簡単です。

  1. スタートボタンからAnaconda PowerShell Promptを見つける
  2. Anaconda PowerShell Promptを右クリックし、「ファイルの場所を開く」を選択
  3. Anaconda PowerShell Promptのプロパティを開く
  4. Pathをコピー

vscodeのsetting.jsonをいじる

次はvscodeを開いてsetting.jsonを開きます。そして、下記を追加。

"terminal.integrated.shell.windows":"C:\\Windows\\System32\\WindowsPowerShell\\v1.0\\powershell.exe", 
"terminal.integrated.shellArgs.windows":[ 
    "-ExecutionPolicy", 
    "ByPass", 
    "-NoExit", 
    "-Command", 
    "C:\\Users\\{UserName}\\anaconda3\\shell\\condabin\\conda-hook.ps1", 
    "conda activate 'C:\\Users\\{UserName}\\anaconda3'" 
] 

「terminal.integrated.shell.windows」にはコピーしたPathを、「terminal.integrated.shellArgs.windows」には引数を書いています。

他のサイトを参考にして上のように書いたのですが、下記のような警告が出てしまいました。

これは推奨されていません。既定のシェルを構成するための新しい推奨方法は、`#terminal.integrated.profiles.windows#` にターミナル プロファイルを作成し、そのプロファイル名を `#terminal.integrated.defaultProfile.windows#` の既定値として設定することです。これは現在、新しいプロファイル設定より優先されていますが、将来は変更されます。

正直、警告が出ていると気分が良くないので「推奨方法」とやらに従って書き換えてみました。

"terminal.integrated.profiles.windows": {
        "AnacondaPowerShellPrompt": {
            "path": [
                "C:\\Windows\\System32\\WindowsPowerShell\\v1.0\\powershell.exe"
            ],
            "args": [
                "-ExecutionPolicy",
                "ByPass",
                "-NoExit",
                "-Command",
                "C:\\Users\\{UserName}\\anaconda3\\shell\\condabin\\conda-hook.ps1",
                "conda activate 'C:\\Users\\{UserName}\\anaconda3'"
            ]
        }
    }

“path”にはコピーしたパスを、”args”には引数を書いています。

なんやかんやこれで警告も出ず、問題なくvscodeのターミナルからAnaconda PowerShell Promptを使えるようになりました。

スポンサードリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です