青春18切符での名古屋→東京の移動行程を解説!楽に移動するコツとは?

  • 青春18きっぷで名古屋から東京へ行ってみたい
  • 青春18きっぷを使って名古屋から東京へ旅行したいけど、どんな行程になるか知りたい

という方に向けて、だいたいこんな感じになりますよ~というモデルプランを本記事ではまとめました。

名古屋から東京へ青春18きっぷを使って3回ほど旅行したことがあります。

その経験をもとにブログ前半では「名古屋から東京へ行くまでの行程・帰る行程」、ブログ後半では「名古屋から東京への移動を楽にするコツ」などをご紹介します。

この記事を読み終えることで、18きっぷで名古屋~東京まで旅行をすると、どんな旅になるのかイメージがきっと湧くはずです。

注意

本記事は東京から名古屋への行き方については解説しておりません、ご注意ください。

名古屋から東京への旅に焦点を当てて書いております。

青春18きっぷでの名古屋~東京のルート・所要時間・乗り換え

名古屋~東京の所要時間:約6~7時間時間

名古屋~東京の乗り換え回数:3~4回程度

ざっくりと行程を書きますと、名古屋から、静岡県を経由し、神奈川県を抜けて東京へ着きます。

なお、のちに詳しく書きますが、この旅での鬼門は静岡県です。静岡県をいかに早く・楽に抜けるかがこの旅を左右するといっても過言ではないでしょう。

青春18切符で名古屋~東京を移動するときの乗り換え駅とその回数

上の図の赤いライン・もしくは赤い文字で書きこんである駅が青春18切符で名古屋~東京を移動するときに乗り換えが必要になりそうな代表的な駅です。

豊橋駅・浜松駅・島田駅・静岡駅・沼津駅・熱海駅で乗り換えがあることが多いです。

あくまでも代表例で、図にある駅でも乗り換えが必要ない場合もありますし、逆に図に書いていないけど乗り換えが必要な駅なども存在します。

注意

実際にあなたが18切符で旅行をするときは、

Yahoo!乗換案内」もしくは「ジョルダン乗換案内」などで乗り換え駅・乗り換え時刻などをあらかじめ調べましょう。

出発時刻や出発駅、途中下車する駅などによって乗り換え回数・乗り換え時刻・乗り換えが必要な駅は変わってきます。

青春18切符で東京へ日帰り旅行は不可能

青春18切符で東京へ行く場合は日帰り旅行は当然ですが、不可能です。

もし、東京へ日帰り旅行をしたいなら、往復で新幹線を利用するべきです。

名古屋⇔東京を日帰り新幹線で往復するなら…

なお、名古屋⇔東京を新幹線で日帰り新幹線で往復する場合、「東京ブックマーク日帰り」がとてつもなくオススメです。

なぜなら、通常の時期なら、この切符を使うと往復で7000円も新幹線代が安くなるんです!!

↓↓福沢諭吉1枚分もお得!↓↓

※超人気で、しかも座席数が限られているので、早めに予約しないと売り切れてしまうことも多々…

青春18切符で名古屋~東京を座るコツ・注意点

青春18きっぷでの名古屋~東京の移動で座るコツや注意点を教えます。

青春18切符の移動で座るために必ずすること

青春18きっぷでの移動はいかに座席が確保できるかがキモです。

以下の6つのことを全部実行に移せば、必ず座れる確率はあがります。

18切符に移動で座席を確保するために…

  1. 乗り換え駅で自分の乗っている電車がどのホームに到着するかを調べる
  2. 乗り換える予定の列車がどのホームから発車するかを調べる
  3. 乗り換えがある駅の構内図を調べる
  4. 乗り換える前の車両では、乗り換え駅に着く1駅前くらいには扉の前へ移動する
  5. 乗り換え時には危なくない程度に急いでホームを移動
  6. 座れなかったとしても、ドアの前でなく適当な座席の前に立っておく

【①、②、③について】

乗り換える先の電車は何番ホームから出発するのかを確認しておきましょう。

「乗り換えのホームの調べ方なんか分らない」という方は「Yahoo!乗り換え案内」を使うと出てきますよ!

画像に○番線発/〇番線着って書いてますよね~。

今乗っている電車がどのホームについて、次の乗り換え先の電車がどのホームから発車するかわかっていないと席取り合戦には勝てません(笑)

また、乗り換え駅の構内図を調べておきましょう。発着ホームが分かったとしても

  • 対面乗り換えなのか
  • 階段を上ってから、別のホームへ移動しないといけないのか

をわかっていないとスムーズには乗り換えができないこともあります。

    【④について】

    ドアの前に立っておくと、電車が駅についてドアが開いた瞬間、すぐにホームへ降り、乗り換えができるので他人より有利になります。

    逆に、乗り換え駅についてから座席から立って、移動しているようだと乗換先の電車に乗った時には座席がほとんど埋まっているなんてことはよくあります。

    【⑤について】

    乗り換えの時には我先に座席を確保しようとダッシュされる方がたくさん…

    駅では危ないのでダッシュするのは控えた方がよいですが、それでも危なくない程度に急いで移動するようにしましょう。

    【⑥について】

    座れなかったとしても、途中駅で他のお客さんが降りると座席が空きますよね?

    となると、扉の前にずっといるとすぐに座席を確保することが難しいので、どこでもいいので座席の前に立っておきましょう。

    青春18切符で名古屋~豊橋・浜松の区間を座るコツ

    米原から名古屋まで乗る電車はオレンジ色の電車

    名古屋~豊橋・浜松でよく走っている電車

    米原~豊橋・浜松までの移動はそこそこ快適です。

    途中駅をかなり飛ばしてくれますので、米原・大垣~豊橋・浜松では快速・新快速・特別快速のいずれかに乗ると便利です。

    名前こそ違うものの、停車駅に大差はないので、快速でも新快速でも特別快速でもどれにのってもOKです。

    この区間で座るためには、名古屋駅で乗る予定の列車の15分ほど前にはホームに並んでおくようにしましょう。

    【鬼門】青春18切符で豊橋・浜松~沼津・熱海に乗るときの注意点

    この区間に快速は走っていない…

    名古屋~東京を青春18切符で移動するときに一番大変になるのは豊橋・浜松~沼津・熱海のこの静岡県の区間。

    静岡県が鬼門である理由
    • 電車が3~6両と短い
    • 各駅停車の電車しかない
    • 乗っている時間が3時間と長い
    • 場合によっては電車にトイレがついていない

    この区間は電車が短いので、いくら対策をしても座れないことも多々あります。

    もし、座れたら本当にラッキーだったと思っておくべきです。

    しかも、運が悪ければトイレがついていないのです。この区間に乗る前に必ず用は足しておきましょう。

    しんどいのが嫌であれば、この区間だけ新幹線を利用するというのも1つの手です。

    ラストスパート!熱海~東京を駆け抜ける!

    沼津・熱海までくれば、東京はもうすぐそこです。

    静岡県内の電車は3~6両と短かったですが、沼津・熱海~東京への電車は15両と長いので、乗り換えの時点で座席が確保できないという心配はないでしょう。

    また、この区間は普通列車でさえも早いのでスムーズに東京まで移動できます。

    しかも、列車にはグリーン車がついています。

    18切符でも追加料金を払えば乗ることができるので、くたびれてしまっている人はグリーン車に乗ると快適に移動できるでしょう。

    電車の座席に座れたとしても…

    なんとか、座席にありつけたとしても、長時間乗っているとさすがに暇になってくるんですよね(笑)

    「電車に乗ってから何をするか」というのはちゃんと考えておきましょう。

    ゲームをする、本を読む、スマホをいじるなどが代表的ですね。個人的には18切符の途中で目的地の観光雑誌を読んだりするのがオススメです。

    青春18切符で名古屋~東京を楽に移動するコツ

    6~7時間も電車に乗っていると、結構疲れると思います。

    そこで、青春18切符で名古屋→東京を移動する場合、どのようにしたら楽に移動できるかをまとめました。

    座席を必ず確保する

    当然ですが、座席が確保できずにずっと立っているままだとかなり疲れてしまいます。

    18切符に移動で座席を確保するために…

    1. 乗り換え駅で自分の乗っている電車がどのホームに到着するかを調べる
    2. 乗り換える予定の列車がどのホームから発車するかを調べる
    3. 乗り換えがある駅の構内図を調べる
    4. 乗り換える前の車両では、乗り換え駅に着く1駅前くらいには扉の前へ移動する
    5. 乗り換え時には危なくない程度に急いでホームを移動
    6. 座れなかったとしても、ドアの前でなく適当な座席の前に立っておく

    先ほども書きましたが、これら6つを実行してできるだけ座席には座れるように工夫しましょう。

    途中駅で降りて気分転換する

    せっかく青春18切符を使っているのですから、途中下車をしましょう。

    例えば、名古屋~東京へ向かう途中なら、

    • 浜松
    • 静岡

    なんかで途中下車して観光したり、ご飯を食べたりするのが良いのではないでしょうか?

    すーちゃん

    僕が前回、この区間を旅行した時は富士宮やきそばを食べました。

    次はさわやかハンバーグを食べてみたい…(笑)

    静岡県区間(浜松~熱海)はホームライナーに乗る

    実は朝や夕方のこの浜松~熱海の区間には「ホームライナー」と呼ばれる車両が走っています。

    ホームライナーとは

    静岡県内におけるホームライナーとはJRの特急車両を利用した快速列車のようなものです。

    乗車券(運賃)に加えて、乗車整理券(330円)を買うことで乗ることができます。

    なお、ホームライナーは特急列車ではなく、普通列車に分類されるので乗車整理券さえ購入すれば青春18切符でも乗車することが可能

    では、なぜホームライナーを使うとうれしいかというと、

    • 330円で必ず座席に座れる
    • 特急用の車両を利用している列車なので、座席がリクライニングしたりと快適
    • 主要な駅にしか止まらず、途中駅を飛ばすため早く移動できる

    といった理由が主にあげられます。ズバリ、ホームライナーは青春18きっぷ利用者の強い味方なのです!!

    【名古屋から東京へ青春18切符で向かう場合、時間的に利用することが可能なホームライナー】

    列車名 発車駅・時刻 到着駅・時刻 運転日
    ホームライナー静岡2号 浜松駅 6:35発 静岡駅 7:40着 平日のみ運転
    ホームライナー静岡4号 浜松駅 6:58発 静岡駅 8:04着 全日運転
    ホームライナー静岡36号 浜松駅 8:29発 静岡駅 9:28着 土曜・休日のみ運転
    ホームライナー静岡6号 浜松駅 19:33発 静岡駅 20:34着 平日のみ運転
    ホームライナー沼津4号 静岡駅 18:00発 沼津駅 18:42着 平日のみ運転
    ホームライナー沼津6号 静岡駅 19:00発 沼津駅 19:39着 全日運転
    ホームライナー沼津8号 静岡駅 20:20発 沼津駅 21:01着 平日のみ運転

    ホームライナーはご覧の通り、朝もしくは夕方以降にしか運転がありません。

    旅行する方はもちろん東京へ着くのは早い方がうれしいと思うので、朝のホームライナーを狙うのがいいと思います。

    ホームライナーの詳しい使い方は以下の記事で解説しております。

    【青春18切符】静岡県の移動はホームライナー浜松3号に絶対乗れ!

    2020年4月15日

    【必殺技】静岡県区間(浜松~熱海)を新幹線でワープする

    浜松~熱海を新幹線で移動してしまいましょう(笑)

    静岡県の区間を新幹線を使うだけでこの旅行はかなり楽になります。

    新幹線を使うと…

    • 浜松~熱海の新幹線代 5170円(時期によって若干変動します)
    • 浜松~熱海の新幹線の移動時間 1時間強

    青春18切符では座れるかもわからない上に3時間以上乗っていないといけない区間を快適な座席に座って、1時間で行けるのはかなり魅力的です。

    とはいうものの、せっかく青春18切符があるので新幹線を使ってしまうのはもったいない話ですが…

    熱海~東京はグリーン車を使う

    熱海まで来ると東京はもうすぐそこなんですが、かなり疲れていると思います。

    となったら、利用してもいいと思うんですよね、グリーン車(笑)

    グリーン車の座席は特急のようにリクライニングするので、乗っていてかなり快適なんです!

    ちなみにグリーン車に乗るにはグリーン券が必要なんですが、グリーン券の料金は以下のようになっています。

    熱海~東京のグリーン券料金 平日 土曜・休日
    事前購入 1000円 800円
    車内で購入 1260円 1060円

    どう考えても、グリーン券は車内で買わずに事前購入した方が安いので、駅の窓口やグリーン券売機でグリーン券はあらかじめ購入しておきましょう。

    なお、モバイルSuicaを利用している方はネットから安い方の値段でグリーン券を購入できます。

    東京への旅行はホテルに1泊or新幹線利用が必須

    青春18切符で大阪~広島は結構疲れる

    最後になりますが、名古屋~東京を青春18切符で移動するのは時間もかかりますし、結構疲れます。

    帰りは新幹線で帰るにしても、ホテル1泊は必須です。1泊しないと東京で観光したりする時間がないです。

    また、帰りも青春18切符を使う場合なら2泊はしないと東京で遊んだりできないはず…

    東京でホテルに泊まる場合

    この場合、青春18切符は行きと帰りで2回分使う必要がありますが、名古屋→東京は片道で通常8910円するので十分もとはとれます。ご安心を。

    とはいえもちろん、せっかく青春18きっぷで来ているのでホテル代も安く済ませたいですよね!

    ホテルの予約は「楽天トラベル」や「るるぶ」がオススメです。価格の安い順にホテルを並び替えることができるので実際に自分も重宝しています(笑)

    それに楽天やるるぶなど大手が運営するサイトなので信用もできます!

    >>楽天トラベルで東京の宿を検索
    >>るるぶで東京の宿を検索

    いいホテル・安いホテルほど部屋が早くうまります、予約はお早めに!

    名古屋⇔東京で新幹線を使う場合【格安切符もあります】

    • 1日目は青春18切符で博多へ向かい、2日目は疲れているので新幹線で名古屋へ帰る

    という感じでプランを組むのもアリでお金もある程度抑えられますし、博多での観光の時間も十分にとれ、かつ疲れないです。

    「新幹線?名古屋~東京やと片道でも1万円は超えるから高いなぁ・・・」と言われそうですが、「ぷらっとこだま」を使うと片道通常11300円のところ、8500円で新幹線に乗れてしまいます。

    青春18切符で片道6~7時間かかるくらいなら往復新幹線使うかな

    そんな方には…

    宿泊予定ありなら新幹線往復+ホテル代込みで18000円~という格安プラン「新幹線+宿泊セットプラン」がオススメ!実質ホテル代無料です(笑)

    日帰り旅行で往復新幹線を使いたいなら「東京ブックマーク日帰り」一択です。通常料金より7000円は安くなります

    注意

    新幹線+宿泊セットプラン」も「東京ブックマーク日帰り」も超人気のプランです。

    早めに予約しないと希望の新幹線や座席が予約できないなんてこともありますので、気を付けてください。

    名古屋⇔東京の新幹線格安移動については長くなるので、詳しくは別記事にまとめましたのであわせてご覧ください。

    【失敗無し】東京⇔名古屋の新幹線の格安切符のススメ!料金徹底比較

    2018年11月5日

    スポンサードリンク








    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です