【青春18切符モデルコース】大阪発!島根県の松江・出雲市へ電車旅

  • 青春18きっぷで大阪から島根県の松江や出雲市へ行ってみたい
  • 青春18きっぷを使って大阪から松江・出雲市へ旅行したいけど、どんな感じの行程になるか知りたい

という方に向けて、だいたいこんな感じになりますよ~というモデルプランを本記事ではまとめました。

大阪から松江・出雲市へは数回、青春18きっぷで日帰り旅行したことがあります。

その経験をもとに前半では「大阪から松江・出雲市へ行くまでの行程・帰る行程」、後半では「松江・出雲市の有名な観光地」などをご紹介します。

この記事を読み終えることで、18きっぷで大阪~松江・出雲市まで旅行をすると、どんな旅になるのかイメージがきっと湧くはずです。

青春18切符での大阪~松江・出雲市へのルート・所要時間・乗換え

青春18きっぷを使って大阪~松江・出雲市へいく経路は

  • 岡山経由ルート
  • 鳥取経由ルート

の2つがメジャーです。

鳥取経由の場合、途中で「智頭急行」という青春18きっぷが使えないJRでない路線を使う必要があります。

本記事では、青春18きっぷのみで行ける「岡山経由ルート」のみを紹介します。

青春18切符を使った大阪~松江・出雲市へのルート

大阪~松江・出雲市へ青春18きっぷで向かう時はこの地図に示したようなルートをたどるのが一般的です。

ルート①は山陽線経由、ルート②は途中赤穂線経由となっています。

基本的にルート①の方が若干ルート②よりも大阪⇔松江・出雲市を速く移動できるのですが、列車の接続状況などによりルート②の方が速く移動できる場合もあります。

岡山からは伯備線の列車にのり、新見を経由し、米子を目指します。

伯備線は新見で基本的に乗り換えをしますが、新見以北はかなり本数が少ないので注意してください。

米子を過ぎると列車の本数がまた増えます、ここまでくれば松江・出雲市まではもうすぐです。

青春18きっぷで大阪~松江・出雲市を移動する時の乗り換え駅・回数

乗り換える可能性がある駅の図。ルート①は山陽本線経由、ルート②は赤穂線経由です。

大阪~岡山を青春18きっぷで移動する時、乗換は3~6回必要になります。

乗り換えが必要になりそうな駅は上の図に示しました。ただし、すべての駅で乗り換えが必要になるわけではありません。

ルート①の場合は姫路・岡山・新見・米子、ルート②の場合は播州赤穂・岡山・新見・米子ではほぼ必ず乗り換えがあると思っておいた方がよいです。

出発時間などによって、乗換すべき駅などは変わってきますので、「Yahoo!乗り換え案内」などでご自分で調べてください。

途中、ご飯はどこで食べる?

かなり長い旅行になるので、途中どこかでご飯を食べたくなると思います。

大阪~松江・出雲市なら、

  • 旅の前にコンビニなどで買う
  • 岡山駅近辺で食事をする
  • 米子駅近辺で食事をする

などがオススメです。

旅の前にコンビニなどで食べ物を買っておくのは、電車の中で移動しながら食べられるので最もリーズナブルと言えるでしょう。

しかし、青春18切符は途中の駅で乗り降りが自由なのがメリット。

個人的には、途中の駅で降りて、そのあたりの名物などを食べるのが好きです。

青春18きっぷで大阪~松江・出雲市を座るコツ

大阪~姫路・相生・播州赤穂~岡山~松江・出雲市で座るコツを教えます。

特に姫路・相生・播州赤穂~岡山は座れないとけっこうキツいですよ(笑)

青春18きっぷで大阪~姫路・相生・播州赤穂までの区間で座席に座るコツ

新快速の画像

大阪~姫路駅・相生駅あたりまでは「新快速」に乗るとかなり快適に、かつ素早く移動できます。

姫路駅までは新快速は基本的に12両という長い編成で運転されるため、そこまで混雑することはないはず。

大阪駅で乗る予定の新快速が到着する15分前くらいから並んでおくと座席に座ることができる可能性がかなり高いです。

その他、新快速で座席に座るためのコツ

  • 1両目の車両・12両目の車両など端の方の車両を狙う
  • 座れなくてもドアの前でなく、車両中ほどの座席の前で待っておく

ただし、あまり端っこの方の車両に乗っている姫路・相生・播州赤穂での乗り換えの時に困ったことになります。

どう困ったことになるなるかは次の節で解説します。

青春18きっぷで姫路・相生~岡山までの区間で座るコツ(ルート①)

姫路以西では4両~7両の短い列車に乗ることになります

ルート①で岡山を経由して、松江・出雲市まで行かれる方が8割だと思いますが、その場合姫路もしくは相生で列車を乗り換えることになるでしょう。

そして、姫路や相生以西の区間がこの旅の鬼門です。

なぜなら、この区間の電車は4~7両と短いのに青春18きっぷが使える期間は利用者が多く、とても混雑するから。

姫路・相生~岡山の電車で座るためにのコツ

  1. すぐにホームに出られるように乗り換え前の電車では駅につく数分前からドアの前で待機
  2. ホームは危なくない程度に急いで移動
  3. 乗り換え前の電車(新快速など)ではあまり端の車両に乗らない

①まず、姫路や相生で新快速から次の列車に乗り換えることになりますが、姫路駅に到着する2~3分前には乗っている新快速のドアの前で待機しておきましょう。

姫路についてからの行動では遅くて座れる確率がかなり低くなります。

②次に、我先にイスを確保しようと、駅では乗り換え先の列車まで「ダッシュ」する人が大勢。

もちろん、あなたもイスを確保したければ急いで次の乗り換え先の列車まで移動する必要があります。

ホームで走るのは危険なので推奨された行為ではないです、十分注意しましょう。

③新快速など乗り換え前の電車では端っこの方の車両は不利です。

端の方の車両でなく、真ん中の方の車両にいる方が乗り換えで有利

図で見ていただくとすぐにわかると思いますが、端の方の車両に座っていると、乗り換え先の電車までの距離が長くなり、移動している間に他の人に座席をとられてしまうのです。

真ん中の方の車両にいたほうが乗り換えには断然有利。

この①~③を実践することで、座れる確率が格段にあがります。

この区間はもし座れなかったら1時間強ほど混んだ電車の中で立ちっぱなしになることがしばしば。乗り換え、頑張りましょう!

播州赤穂~岡山までの区間で座るコツ(ルート②)

ルート②、すなわち赤穂線をつかって岡山を経由して松江・出雲市へ向かう方は播州赤穂まで新快速で向かって、そこから電車に乗り換えることになります。

ここでも座席を確保するコツは先ほどと同じです。

播州赤穂~岡山の電車で座るためにのコツ

  1. すぐにホームに出られるように乗り換え前の電車では駅につく数分前からドアの前で待機
  2. ホームは危なくない程度に急いで移動
  3. 乗り換え前の電車(新快速など)ではあまり端の車両に乗らない

この3つを実践すれば、格段に座れる確率は上がるでしょう。

播州赤穂直通の新快速は前よりの8両に乗れ

大阪駅を出て播州赤穂まで直通する新快速ですが、播州赤穂駅に行くのは12両中、前の車両8両だけです。

後ろの4両に乗った場合は姫路で切り離されてしまい、播州赤穂に着けなくなってしまうのでご注意を。

なので、乗り換えに有利なのは前8両のうちの真ん中の車両、つまり前から3~6両目あたりの車両ですね。

岡山~松江・出雲市で座るコツ

新見~米子・出雲市の電車はこんな感じの短い電車

岡山~松江・出雲市は岡山を出る段階では乗客が多いと思います。

ただし、松江・出雲市に向かうにつれてだんだん乗客が減っていくので、岡山発の段階で座れなくても大体の場合、どこかで席が空くので座ることができます。

また、新見~米子は電車を逃さないように注意してください。電車に乗れれば座れるとは思いますが、電車の本数がかなり少ないです。

特急や新幹線で「ワープ」をするなら…

岡山~松江・出雲市を結ぶ特急「やくも」

ワープとは

青春18きっぷを使って旅行をしている途中に、どこかの区間だけ特急や新幹線を使うことを「ワープ」と呼んだりします。

  • 乗客数が多くて座れないけど、乗っている時間が長いく区間
  • 普通電車の本数はかなり少ないが、特急なら本数がそこそこある区間

などでワープを使うのが一般的です。

ただし、青春18きっぷは普通電車のみでしか使えないので、特急や新幹線を使う場合は特急券のほかに運賃も支払う必要があります。

大阪~松江・出雲市の旅は、列車にのっている時間も長く、疲れるので以下の区間で「ワープ」を使うのもアリだと思います。

  1. 姫路・相生~岡山
  2. 新見~米子

①については、先ほども説明しましたが、青春18きっぷが使える期間は激混みするのでかなり疲れるから。

②については、普通電車の本数が2~3時間に1本しかないからです。一方、特急は毎時1本はあります。

青春18切符を使った松江・出雲市のおすすめ観光スポット5つ

それでは、松江・出雲市で楽しめるおすすめの観光スポットを紹介します。

メジャーな場所ばかりなので、紹介している観光スポットを回れば間違いはないと思います(笑)

出雲大社

いわずと知れた出雲大社。「縁結び」の神社として人気がある神社で、出雲市に来たならココは外せないですね。

JRの出雲市駅からは少し離れているため、一畑電車やバスを使って行くのがオススメ。

ちなみに、出雲大社は「参拝の順序」があります。これに従って参拝するとちゃんとご利益があるとか・・・

出雲大社は反時計回りに巡れ!正しくご利益がある参拝方法まとめ

2018年11月17日

旧大社駅

旧大社駅は1990年まで残っていたJR大社線の大社駅のレトロな雰囲気がただよう駅舎。

駅の中には当時使われていた線路が残されており、線路上にはSLが保存されています。

出雲大社からも近いのでぜひついでに足を運んでみてください。

松江城

松江城は、天守が現存する日本の12個の城のうちの1つで国宝にもなっています。

築城当時から今も姿を変えずに残っているお城で、宍道湖のそばに建っているため、天守閣からは宍道湖を眺めることができます。

宍道湖

日本百景にも選ばれている湖。

季節や時間によって、違った景色を楽しむことができ、天気がよいと「映える」写真が撮れるかも…

宍道湖のそばには宍道湖に住む生き物をテーマにした水族館もあり、汽水湖である宍道湖の生き物を見れるのは面白いです。

出雲日御碕灯台

1903年に建てられた灯台ですが、今なお、現役で使い続けられている灯台。

灯台は上ることができ、そもそも登る前から見晴らしがいいのに、登ったらもっと見晴らしがよくてビックリ!

夜はカラフルにライトアップされる日もあるので、それを狙って見に行ってみるのもアリですね!


電車の中で退屈でしたら、こういう観光ガイドブックを買っておいて電車の中で読んでおくと旅行先での行動がスムーズにできますよ!

松江・出雲市へは青春18きっぷで日帰り旅行は不可能

青春18切符で大阪~広島は結構疲れる

青春18切符の旅で疲れてしまった人

青春18きっぷで大阪~松江・出雲市まで日帰り旅行したときの行程や観光地などのイメージはつきましたか?

残念ながら、大阪~松江・出雲市を青春18きっぷで移動すると9時間強かかってしまうため、日帰りでの旅行は不可能です。

なので、青春18きっぷを使う場合、宿泊が必須です。

松江・出雲市でホテルに宿泊する場合

この場合、青春18切符は行きと帰りで2回分消費することになりますが、そもそも大阪→松江・出雲市の片道の値段は6600円ですので、もとは十分とれます。

とはいえもちろん、せっかく青春18きっぷで来ているのでホテル代も安く済ませたいですよね!

ホテルの予約は「楽天トラベル」や「るるぶ」がオススメです。価格の安い順にホテルを並び替えることができるので実際に自分も重宝しています(笑)

それに楽天やるるぶなど大手が運営するサイトなので信用もできます!

>>楽天トラベルで松江・出雲市の宿を検索
>>るるぶで松江・出雲市の宿を検索

いいホテル・安いホテルほど部屋が早くうまります、予約はお早めに!

松江・出雲市へは新幹線・特急利用も考えるべき

青春18きっぷを使うと大阪~松江・出雲市まで9時間もかかってしまいます。

つまり、1日が移動でつぶれてしまうので、松江や出雲をしっかり観光しようとしたら2泊3日かかってしまうわけです。

そこで、18切符よりも高くなっていいから、もっと快適に出雲・松江を旅行したい方には以下のプランがオススメです。

新幹線+JR特急やくもで日帰り出雲・松江

なんと、実質片道無料。大阪⇔出雲市が往復10800円と、通常のほぼ半額の値段で行けてしまうという、超格安のプラン。

もちろん現地についたら自由行動できます。

日帰りですが、特急やくも・新幹線をつかえるので7~8時間滞在が可能で、主要な観光スポットなら十分まわれます。

また、現地に宿泊してゆっくり観光したい方は「JR新幹線+宿泊セットプラン」が最適です。

こちらも、最も安いプランですと、ホテル代込みで約15000円~と実質、片道無料になるようなものもあります。

両プランともに座席数に限りがありますので、決まり次第すぐの予約をおすすめします。

スポンサードリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です