東京⇔名古屋の新幹線はひかりに乗ると安い?より安く乗る方法は?

  • 東京→名古屋、名古屋→東京の新幹線は「のぞみ」でなく「ひかり」に乗ると安いって聞いたけど本当?
  • 東京⇔名古屋を「ひかり」に乗るとどれくらい新幹線代は安くなる?
  • 「ひかり」に乗るよりも安く新幹線に乗る方法はある?

こういった疑問や悩みを解決できる記事になっています。

なぜなら、僕自身が新幹線でよく旅行をしますし、新幹線そのものに興味があり、どうすると一番安く、お得に新幹線を使えるかをわかっているからです。

この記事は

  1. 「ひかり」に乗ると「のぞみ」に乗るよりどれくらい安くなるか?
  2. 「ひかり」に乗るメリットとデメリット
  3. 「ひかり」に乗るより安く新幹線に乗る方法

の3部構成としました。

最後まで読んでいただくと、「ひかり」に乗るのは実際にお得なのか?あなたが一番お得に新幹線に乗るにはどうすればいいか?が分かるはずです。

※消費税10%に対応しました

東京⇔名古屋を「ひかり」に乗ったときの新幹線代

東京⇔名古屋新幹線代 自由席 指定席 グリーン席
「ひかり」利用 10560円 10090円 14650円
「のぞみ」利用 10560円 11300円 14960円

※料金は時期によって200円ほど前後します。

ひかりを利用しても、自由席利用ではのぞみと料金は変わりません

一方、指定席またはグリーン席を利用する場合ですと「のぞみ」利用の場合より310円安くなります

ただ、310円安くなったところで・・・って感じですよね。

正直なところ、新幹線代を安く抑えるには「ひかり」に乗るのはあまり得策ではなく、もっと安くなる方法が存在します。

もっとやすくなる方法」は記事の後ほどまた紹介しますね。

ひかりよりは遅いけど…「ぷらっとこだま」使ってみない?

普通に「ひかり」を使うなら310円ほどしか安くなりませんが、「ぷらっとこだま」という格安切符を使うと新幹線代が3000円弱安くなります。

「ぷらっとこだま」に関しては、「もっとやすくなる方法」でも詳しく解説しています。

東京⇔名古屋を「ひかり」に乗るメリット・デメリット

ひかりに乗るメリット・デメリット

そこまで安くならないとはいえ、ひかりに乗るメリットはありますし、また逆にデメリットもあります。

東京⇔名古屋で「ひかり」を使うメリット

  • 自由席の数が「のぞみ」より多く、自由席でも席を確保しやすい
  • 「のぞみ」より空いている

指定席・グリーン席に乗るなら少しだけのぞみより安いですね。

東京⇔名古屋で「ひかり」を使うデメリット

  • 東京⇔名古屋の所要時間がのぞみより若干長い
  • ひかりの本数はのぞみに比べて少ない

メリット・デメリットをまとめるとこのような感じです。

のぞみだと自由席が16両中3両しかないのですが、ひかりですと自由席は16中5両あるため、自由席でも座席を確保しやすいです。

ただし、ひかりの本数はのぞみに比べて少ないです。

東京⇔名古屋を「ひかり」より安く・お得に新幹線に乗る方法

東京⇔名古屋の新幹線移動で「ひかり」に乗るなんかよりもっとお得なプラン・切符が存在します。

新幹線を安く使える切符・プランはいくつかありますが、ここでは特にお得に、安くなるものを厳選して紹介します。

東京⇔名古屋をできるだけ安く、格安で新幹線移動する方法について詳しく知りたい方は別記事にまとめましたのであわせてご覧ください。

【失敗無し】東京⇔名古屋の新幹線の格安切符のススメ!料金徹底比較

2018年11月5日

東京⇔名古屋は「新幹線+宿泊セットプラン」が1番お得


>>【ホテル代実質無料】「新幹線+宿泊セットプラン」公式サイトはこちら

到着した先でホテルなどに泊まる予定がある方でしたら、東京~名古屋の新幹線移動は日本旅行の新幹線+宿泊セットプランを激オシします。

なぜなら、普通に東京⇔名古屋を往復するだけでも、新幹線代だけで27,000円ほどかかってしまうところ、

  • 東京発だと約18000円~
  • 名古屋発だと約17000円~

の料金で東京⇔名古屋を新幹線で往復し、かつホテルに宿泊することもできます。

新幹線の時間帯や、のぞみ・ひかり・こだまのどれに乗るかによっても追加料金が数千円かかりますが、それを差し引いても宿泊代が実質無料になるくらいお得です。

デメリットは宿泊予定がないと利用できないところくらいです。

↓↓宿泊代が実質無料↓↓

※新幹線の座席やホテルの部屋には限りがあります。早めに予約しないと良いホテルや希望の新幹線の時間帯がとれない場合も・・・

東京⇔名古屋の片道の新幹線移動なら「ぷらっとこだま」

新幹線「こだま」の画像

先ほども書きましたが、「ぷらっとこだま」という切符を使うと、東京⇔名古屋を片道8,500円で移動することができます。

片道だけ新幹線に乗る場合や、到着先で宿泊はするがホテルなどの予約が必要ない場合などにおすすめです。

ただし、「こだま」しか乗ることができないため、東京⇔名古屋が3時間ほどかかってしまい、急ぐ人にはおすすめできません。

>>ぷらっとこだまの公式サイトはこちら

あなたにあった東京⇔名古屋の新幹線の切符・プランは・・・

「はい」または「いいえ」を選択していくとあなたにピッタリの新幹線の格安切符・プランが見つかります。

新幹線格安ナビ
往復ともに新幹線を使う?

以上を踏まえると、あなたに合った新幹線の切符・プランは

  • 新幹線を往復利用し、到着先でホテルなどに泊まりたい人…「新幹線+宿泊セットプラン
  • 新幹線を片道だけ使う人、もしくは到着先でホテルなどに泊まる予定がない人で移動時間に余裕がある人・・・「ぷらっとこだま
  • それ以外の人・・・「金券ショップで購入」など

が最もかしこい選択になるはずです。

スポンサードリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です