新幹線のアイスはカチカチで固い!?柔らかくして溶かすコツまとめ

新幹線の車内販売のアイス、噂で聞いてた通りめっちゃ固いんだけどどうやって食べたらいいの??

本記事ではこのようなシンカンセンスゴイカタイアイスを食べるときにありがちな悩み・解決法をまとめました。

僕自身、新幹線に乗るときはかなりの頻度で季節関係なく新幹線のアイスを頼んでしまいますが、どうやったら食べやすくなるかな~って毎回、色々な工夫をして食べてます(笑)

記事の前半では新幹線のアイスがどんなアイスなのかを説明し、後半では柔らかくする方法・溶かす方法など食べ方について説明していきます。

本記事を読み終えたころにはどの食べ方で食べようか逆に悩んでしまうと思いますよ!!

カチカチ!新幹線すごい固いアイスとは?

東海道・山陽新幹線(東京~博多)では車内販売でアイスを買うことができるんですが・・・

これ美味しいんですけど実はめっちゃ固い!どれくらい固いかと言うとスプーンを指しても全然めりこまない、倒れないくらい固い。

ツイッターなどのSNSでは「#シンカンセンスゴイカタイアイス」で結構有名で、結構スプーンを突き立ててる画像をあげていらっしゃる方が多いです。

新幹線すごい固いアイスを買える新幹線

前述しておりますが、この新幹線すごい固いアイスは東海道・山陽新幹線(東京~博多)の車内で買うことができます

少し前まで東北・北海道新幹線・北陸新幹線・上越新幹線の車内でも買うことができたのですが、取扱いがなくなってしまっています。

しかし、車内でなく駅構内の売店では売っていますので、食べたい方は駅の売店で先に購入しておきましょう。

九州新幹線ではアイスは売っているのですが、違うタイプのアイスで固いアイスではないため、「固さ」は楽しめないかと思います(笑)

ちなみに通販でも買えますよ~。バラ売りはないですが、バニラとストロベリー、バニラと抹茶の8個入りセットが個人的にはオススメです~。

新幹線のアイスが固い理由

では新幹線のアイスはなぜ固いのか?

それは空気含有量が少ないためらしいです。これはアイスの中に空気が含まれている量が少ないということ。

つまり、他のアイスに比べるとアイスの密度が高く、濃密な味であるってことですね。

新幹線のアイスって固いけど、この固さって味を美味しくするための固さだったんですね~

新幹線すごい固いアイスの食べ方5選

新幹線すごい固いアイスはカチカチで食べつらいのですが、食べ方として以下の5つを提案させていただきます。

  • 自然に溶けるのを待つ
  • カチカチでも頑張って食べ進める
  • コーヒーの上にのせて温める
  • コーヒーをかけてアフォガード風にする
  • 必殺!専用スプーンを使って食べる

それでは順にみていきましょう。

アイスが自然に溶けるのを待つ

もっとも単純な解決方法、それはアイスが自然に溶けるのを待つことでしょう。

新幹線にある程度長い時間乗る人であれば、早めの段階でアイスを購入しておいて20~30分ほどたった段階で食べ始めると少し溶けはじめていて、ちょうど食べやすい固さに。

でも、「買ったらすぐに食べたい」、「新幹線に乗っている時間がそこまで長くない」っていう人には不向きですね・・・

新幹線すごい固いアイスは固いまま食べる!

いや、新幹線すごい固いアイスは固いのが醍醐味でしょ?

買ったらすぐにスプーンで頑張ってすくって食べ始めるってのも1つの手です。

ちなみに半分食べたくらいからいい感じに溶けてきて食べやすくなってきます。

前半部分を食べるときは頑張って食べてくださいね(笑)

アイスをコーヒーカップの下にして溶かす

新幹線の車内販売では「ホットコーヒー」が別にメニューにあります。

アイスと一緒にこれを頼んで、ホットコーヒーの上にしばらくアイスを置いて溶かそう!という手段。

この時のポイントとしてアイスはコーヒーカップの下に上向けて置くことですかね。

というのも、どちらかと言うとアイスの底よりも、食べ始めるアイスの上の方を溶かしたくないですか?

ただ、「別にコーヒー頼みたくないよ」って方には微妙な選択肢ですよね笑

アイスの上にコーヒーを注いでアフォガード風にする

アフォガードはこんな感じのイタリアのデザート

今度はホットコーヒーをそのままアイスにかけてしまえ!という手段。

これ思いついた人結構かしこいな~と思うんですが、これならアイスはすぐ溶けて食べやすくなります。

デメリットとしては、先程と同じくコーヒーを買わないといけないということと、「アイス単体で食べられない」ことでしょうか?

僕、実はコーヒー苦手マンなので、今紹介した2つの食べ方は結構厳しいんですよね笑

別にコーヒー飲みたいと全く思わないのでコーヒー買ったらお金の無駄ですし・・・

必殺!シンカンセンスゴイカタイアイス専用スプーンを使う

実は世の中には「新幹線すごい固いアイスのために作られた」といっても過言ではないスプーンが存在します!びっくりしますよね。

実はこのスプーンを使うとあんなに固い新幹線のアイスでもあっさり溶けてしまい簡単にすくえるようになってるんです!

魔法みたいですが、これは単純にスプーンが熱を伝えやすい素材でできているため、アイスが普段よりはやく溶けてしまうというカラクリになっています。

「新幹線に乗るとよくアイスを頼むけど毎回苦戦する」と言う方は買っておくべき一品です笑

家でも新幹線すごい固いアイスを楽しもう

先程も少し紹介しましたが、実は新幹線すごく固いアイスを買えるのは新幹線の車内販売や駅のホームの売店だけではないんですね!

「新幹線の中で食べるアイスの味は格別だな~」と思いながら食べている人、実は新幹線の中だからおいしいのではないんです!

固さの秘密はおいしさです。おいしく作ってるから固くなっているんでしたよね!

ぜひ新幹線で食べて気に入った人は通販で買ってみるといいと思いますよ!!

スポンサードリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です