【青春18切符モデルコース】大阪発の日帰りで岡山・倉敷を堪能!

  • 青春18きっぷで大阪から岡山・倉敷へ行ってみたい
  • 青春18きっぷを使って大阪から岡山・倉敷を日帰りで旅行したいけど、どんな感じの行程になるか知りたい

という方に向けて、だいたいこんな感じになりますよ~というモデルプランを本記事ではまとめました。

大阪から岡山・倉敷へは3回ほど青春18きっぷで日帰り旅行したことがあります。

その経験をもとにブログ前半では「大阪から岡山へ行くまでの行程・帰る行程」、ブログ後半では「岡山・倉敷の有名な観光地」などをご紹介します。

この記事を読み終えることで、18きっぷで大阪~岡山・倉敷まで旅行をすると、どんな旅になるのかイメージがきっと湧くはずです。

 

青春18切符での大阪~岡山へのルート・所要時間・乗り換え

大阪から岡山までは神戸線・山陽線もしくは赤穂線を経由します。

大阪~岡山・倉敷へ青春18きっぷで向かう時はこの地図に示したようなルートをたどるのが一般的です。

ルート①は山陽線経由、ルート②は途中赤穂線経由となっています。

基本的にルート①の方が若干ルート②よりも大阪⇔岡山を速く移動できるのですが、列車の接続状況などによりルート②の方が速く移動できる場合もあります。

所要時間は片道2時間30分~3時間30分ほど

青春18きっぷで大阪~岡山を移動する時の乗り換え駅・回数

大阪~岡山の乗り替えを図で分かりやすく説明した。

大阪~岡山を青春18きっぷで移動する時、乗換は少なくて1回、多くて2回です。

乗り換え駅や回数を文章でも説明しますが、図を見ていただく方がすぐに理解していただけると思います。

【ルート①の場合】

ルート①の場合は乗り換えは1回の場合と2回の場合があります。

  • 相生駅で1回のみ乗り換えが必要な場合
  • 姫路駅と相生駅で2回乗り換えが必要な場合

の2つ。

相生駅で1回のみ乗り換えが必要な場合は相生駅まで新快速で1本で来ることが出来ます。

姫路駅と相生駅で2回乗り換えが必要な場合は姫路まで新快速で向かい、姫路~相生が各駅停車の普通に乗り換え、相生で岡山行きの列車に乗り換えるといった感じになります。

【ルート②の場合】

ルート②の赤穂線経由をとる場合、乗換は1回播州赤穂駅でするのみです。

大阪~播州赤穂は新快速1本で来ることが出来ます。

青春18きっぷ日帰り旅で岡山・倉敷に滞在できる時間

大阪駅を朝の8時前に出発すると岡山駅に10時半すぎにつくことができます。

また、帰りは岡山駅を20時前に出ると、大阪駅には22時30分すぎに着くことができるんです。

つまり、岡山・倉敷にはおよそ9~10時間ほどは滞在できるというわけ。観光したりご飯を楽しむには十分な時間!

 

ちなみに、出発する時間をもう少し早めたり、逆に帰りの列車の時間を少し遅くしたりすると滞在できる時間はもうちょっと長くできますよ!

青春18きっぷで大阪~岡山を座るコツ

大阪~姫路・相生・播州赤穂~岡山で座るコツを教えます。

特に姫路・相生・播州赤穂~岡山は座れないとけっこうキツいですよ(笑)

青春18きっぷで大阪~姫路・相生・播州赤穂までの区間で座席に座るコツ

新快速の画像

大阪~姫路駅・相生駅あたりまでは「新快速」に乗るとかなり快適に、かつ素早く移動できます。

姫路駅までは新快速は基本的に12両という長い編成で運転されるため、そこまで混雑することはないはず。

大阪駅で乗る予定の新快速が到着する15分前くらいから並んでおくと座席に座ることができる可能性がかなり高いです。

その他、新快速で座席に座るためのコツ

  • 1両目の車両・12両目の車両など端の方の車両を狙う
  • 座れなくてもドアの前でなく、車両中ほどの座席の前で待っておく

ただし、大阪から岡山へ向かう時、あまり端っこの方の車両に乗っている姫路・相生・播州赤穂での乗り換えの時に困ったことになります。

どう困ったことになるなるかは次の節で解説します。

青春18きっぷで姫路・相生~岡山までの区間で座るコツ(ルート①)

姫路以西では4両~7両の短い列車に乗ることになります

ルート①で岡山まで行かれる方が8割だと思いますが、その場合姫路もしくは相生で列車を乗り換えることになるでしょう。

そして、姫路や相生以西の区間がこの旅の鬼門です。

なぜなら、この区間の電車は4~7両と短いうえに青春18きっぷが使える期間はとても混雑するから。

姫路・相生~岡山の電車で座るためにのコツ

  1. すぐにホームに出られるように乗り換え前の電車では駅につく数分前からドアの前で待機
  2. ホームは危なくない程度に急いで移動
  3. 乗り換え前の電車(新快速など)ではあまり端の車両に乗らない

①まず、姫路や相生で新快速から次の列車に乗り換えることになりますが、姫路駅に到着する2~3分前には乗っている新快速のドアの前で待機しておきましょう。

姫路についてからの行動では遅くて座れる確率がかなり低くなります。

 

②次に、我先にイスを確保しようと、駅では乗り換え先の列車まで「ダッシュ」する人が大勢。

もちろん、あなたもイスを確保したければ急いで次の乗り換え先の列車まで移動する必要があります。

ホームで走るのは危険なので推奨された行為ではないです、十分注意しましょう。

 

③新快速など乗り換え前の電車では端っこの方の車両は不利です。

端の方の車両でなく、真ん中の方の車両にいる方が乗り換えで有利

図で見ていただくとすぐにわかると思いますが、端の方の車両に座っていると、乗り換え先の電車までの距離が長くなり、移動している間に他の人に座席をとられてしまうのです。

真ん中の方の車両にいたほうが乗り換えには断然有利。

 

この①~③を実践することで、座れる確率が格段にあがります。

この区間はもし座れなかったら1時間強ほど混んだ電車の中で立ちっぱなしになることがしばしば。乗り換え、頑張りましょう!

播州赤穂~岡山までの区間で座るコツ(ルート②)

ルート②、すなわち赤穂線経由で岡山に向かう方は播州赤穂まで新快速で向かって、そこから電車に乗り換えることになります。

ここでも座席を確保するコツは先ほどと同じです。

播州赤穂~岡山の電車で座るためにのコツ

  1. すぐにホームに出られるように乗り換え前の電車では駅につく数分前からドアの前で待機
  2. ホームは危なくない程度に急いで移動
  3. 乗り換え前の電車(新快速など)ではあまり端の車両に乗らない

この3つを実践すれば、格段に座れる確率は上がるでしょう。

播州赤穂直通の新快速は前よりの8両に乗れ

大阪駅を出て播州赤穂まで直通する新快速ですが、播州赤穂駅に行くのは12両中、前の車両8両だけです。

後ろの4両に乗った場合は姫路で切り離されてしまい、播州赤穂に着けなくなってしまうのでご注意を。

なので、乗り換えに有利なのは前8両のうちの真ん中の車両、つまり前から3~6両目あたりの車両ですね。

青春18切符を使った岡山・倉敷のおすすめ観光スポット5つ

それでは、岡山・倉敷で楽しめるおすすめの観光スポットを紹介します。

岡山・倉敷では人気なところばかりなのでこの5つから選んで観光すれば満足できること間違いなし。

岡山城・後楽園

岡山城・後楽園の写真

後楽園は兼六園・偕楽園と並ぶ日本三名園の1つで、江戸時代の岡山藩の藩主、池田綱政が作った庭園です。

隣には岡山城もあり歴史が好き・お城めぐりが好きな方にオススメ。

後楽園・岡山城ともに敷地が広く、割と長い時間楽しむことが出来ます。

岡山駅からのアクセスは路線バスもしくは路面電車を使うのがベスト。徒歩でも行けなくはないが25分もかかってしまいます。

>>後楽園公式サイトはこちら

>>岡山城公式サイトはこちら

吉備津神社

吉備津神社の回廊の写真

岡山といえば誰もが知っている「桃太郎」の昔話で有名だと思いますが、その桃太郎の鬼退治のモデルになったのがこの吉備津神社(きびつじんじゃ)だと言われています。

吉備津神社へのアクセスは岡山駅から桃太郎線(吉備線)で15分の吉備津駅から歩いてすぐです。

せっかくなので吉備団子でも買って帰ってくださいな(笑)

>>吉備津神社公式サイトはこちら

瀬戸大橋(鷲羽山展望台)

瀬戸大橋の写真

岡山県と香川県には本州と四国を結ぶ「瀬戸大橋」がかかっており、本四連絡橋の1つ。

車だけでなく、電車も橋を渡っているのが他の本四連絡橋とは違うところ。

鷲羽山展望台に行くとその瀬戸大橋を上から見下ろすことが出来ます。

アクセスはJR瀬戸大橋線の児島駅からバスで30分。

>>鷲羽山展望台公式サイトはこちら

倉敷の美観地区

倉敷の美観地区の写真

江戸時代、倉敷は江戸幕府の直轄領でたくさんの物資や人があつまる場所で栄えていました。

その江戸時代の街並みや風情を保存しているのがこの美観地区。まるで江戸時代にタイムスリップしたかのよう。

流れる小川、川に反射する江戸時代の街並み。インスタ映えしそうな写真も撮れそうです(笑)

アクセスはJR倉敷駅から南へ徒歩10分ほど。なお、倉敷駅は岡山駅から電車で15分ほどです。

岡山でのお昼ご飯や夜ご飯にオススメなグルメ

デミカツ丼

岡山の名物デミカツ丼。カツとデミグラスソースが意外に合っておいしい

岡山に行くと「デミカツ丼」と旗をかかげたお店を結構見ますが、どうやら岡山のB級グルメのよう。

名前の通り、カツ丼にデミグラスソースがかかっています。

初めは「デミグラスソースとカツって微妙な組み合わせだな」と思いながら食べたのですが、これがおいしい。

豚かば焼き丼

豚かば焼き丼は岡山市の北にある津山市発祥のB級グルメ。

なんだか見た目はうなぎのかば焼きみたいですが、実はこれ豚なんです(笑)

本店は津山市にありますが、岡山駅近くのイオンモールのフードコートにその分店「かばくろ総本店」が入っているので駅の近くでも楽しめます。

たこ飯

倉敷でとれたタコを使ったタコ飯はおいしい

瀬戸内海でそだったタコを使った新鮮なタコ飯。

倉敷付近の瀬戸内海は特に潮の流れが速いらしく、そこでそだったタコは身が引き締まっておいしい。


電車の中で退屈でしたら、こういう観光ガイドブックを買っておいて読んでおくと旅行先での行動がスムーズにできますよ!

岡山・倉敷観光はホテルに1泊or新幹線利用もアリ

青春18きっぷで大阪~岡山まで日帰り旅行したときの行程や観光地などのイメージはつきましたか?

大阪~岡山は18きっぷでも2~3時間ほどしかかからないため、関西からでも日帰りで十分楽しむことができます

ただ、現地での滞在時間が限られてくるため、もう少しじっくり観光したいという人は日帰りでなくどこかホテルなどに1泊する、もしくは新幹線を使うのがいいでしょう。

岡山・倉敷でホテルに宿泊する場合

この場合、青春18切符は行きと帰りで2回分消費することになりますが、そもそも大阪→岡山の片道の値段は3020円ですので、もとは十分とれます。

なお、ホテルの予約はAgoda、もしくはExpediaの地図検索が便利です。
値段は2つともあまり変わりませんが、どちらかがセールをしている場合があります。2つともチェックしておかないと損することも・・・

 

>>エクスペディアから岡山・倉敷のホテルを検索する
>>agodaから岡山・倉敷のホテルを検索する

岡山・倉敷へ青春18切符を使わず、新幹線を使う場合

また、大阪⇔岡山ですと新幹線を使っても片道3700円で移動することも可能です。

【失敗無し】大阪⇔岡山の新幹線の格安切符のススメ!料金を徹底比較

2018年12月1日
  • 18切符は使わずに岡山まで往復新幹線で行って宿泊したい人
  • 「行きは青春18きっぷ、帰りは新幹線」のように片道だけ新幹線を使おうと考えている人

などはあわせてこちらの記事もご覧ください。実質宿泊代が1泊無料になるようなプランもあるので見ないとチェックしておかないと損ですよ!

スポンサードリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です