【驚愕】正座で足がしびても超簡単に治す方法!【一瞬で治ります】

「長い間、正座してたら足がかなりシビれてしまった・・・早く治す方法ないかな?」

今日は正座でシビれた足のシビれを超簡単に、それも一瞬で治す方法を紹介していきます。

正座すると足がしびれる理由

正座すると足がシビれてしまうのは

  • 正座で足の神経が圧迫されてしまう
  • 足の血行がわるくなる
  • 血行が悪くなると、シビれがさらに増す

というメカニズムで起こっているそうです。

つまり、足のシビれを治したければ、血行をよくすればいいワケです!

正座でしびれた足を超簡単に治す方法

それでは、実際に正座でしびれた足を超簡単に治す方法を紹介しますね!

後ろ向きに歩く

なんと、後ろ向きに歩いたり、後ろ向きに階段を上り下りするだけで正座のしびれが一瞬でとれます!

なんででしょうね?僕も実際10分ほど正座して、実験してみましたがすぐに治ってしまいました(笑)

確かにこの方法だと血行がよくなりそうですよね!

 

ただ、階段で後ろ歩きするのは結構怖かったので、必ず手すりを持ち、あまり高くない位置でやりましょう。

正座のしびれを解消しようとして、階段から落っこちたら元も子もないです・・・

体育座りをする

体育座りなんかするだけで本当に効果あるの?と言われそうですね。

僕も半信半疑でやってみたのですが、こっちもすぐにシビれが治りました。

ただ、シビれがとれるスピードは「後ろ歩きをする」方が早かったかなと思います。

そもそも正座で足をシビれさせない方法6つ


「そもそも、正座で足をしびれさせない方法はないの?」

と言われそうですね汗。

どうやっても正座したら足はシビれてしまいますが、足のシビれを軽減させる方法を6つご紹介します。

全部やってみるとだいぶ楽になりますよ!

背筋をのばす

背筋は伸ばしましょう。

背筋を伸ばしている状態は、背中の骨や筋肉などでも体の重さをきちんと支えている状態です。

背中をダラっとしてしまうと、そのぶん足に負担がいってしまいます。

体の重心を少し前に寄せる

体の重心を少し前に寄せることで、足にかかる負担を減らすことが出来ます。

そのぶん、血行がいくぶんかよくなり、足のシビれも軽減できます。

かかとを少し開いて座る

かかとを少し開いて座りましょう。

ただし、開きすぎると余計に痛くなるので、一番足が痛くない場所を探して開き具合を調整しましょう。

足の甲を組んで座る

これは正座するときにされている方も多いと思います。

足の甲を少し組んで座ると、足首が縦になるので、足首がシビれずに済むのです。

ヒザを少し開ける

ひざをピッタリくっつけて正座すると結構しんどいです。

ヒザは少しあけて座ると痛みを軽減できます。

座布団に座る

座布団に座ると、床から受ける力を減らすことができるのでずいぶん楽になります。

座布団が使える場合は使った方が絶対いいです。

正座する時にシビれない裏技グッズ【とっておき】

上で紹介した、シビれを軽減する方法6つですが、全部やったとしても結局シビれちゃうんですよね・・・

「これ以上シビれは軽減できないのか・・・」

と落胆しないでください(笑) 朗報です、正座がかなり楽になる便利グッズがあるんです!

正座らくちん座布団

三味線の先生が考案した座布団です。

いつも正座をする必要がある三味線の先生が考案ってだけで効果ありそうですよね!

評価も★5つです。(ちなみに枕としても使い心地が良いそう笑)

折りたたみ正座イス

折りたたみ正座イスのメリットは持ち運びがしやすい点。

ただし、人によって高さがイマイチで、座りにくいという人もいるようです。

正座のシビれを治すには「後ろ歩き」

日本人なら年に数回は正座をしなければならない場面はあると思いますが、

シビれを取るには「後ろ歩き」が一番効果がありそうです。(個人的な感想です笑)

「嘘だ!」と思う方も多そうですが、だまされたと思って一度やってみてくださいな!

別に時間もかからないし、特に失うものもないのでね(笑)

 

そもそも、正座で足をシビれさせたくないという方は「正座らくちん座布団」を買いましょう。

足のシビれから5000円で解放されると思えば安いと思いますよ。次に正座する機会が来るまでに早く買ってしまいましょう!

スポンサードリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です