北海道の極上サーモン「銀聖」 のおいしい食べ方や購入方法教えます

極上サーモン
北海道の極上サーモンこと「銀聖」ってご存知?

北海道には脂ののりがとってもよく、見も引き締まっていてとってもおいしい「銀聖」というサケがあるそう。

おいしい食べ方や購入できる場所・方法などをまとめてみました。




北海道の極上サーモン「銀聖」とは?

イメージです(笑)

「銀聖」は北海道の日高町やえりも町などでとれる天然の秋鮭のブランド。

しかし、日高地方で獲れるサケのすべてが「銀聖」になれるわけではないそう。

銀聖になれるサケの基準

  • 日高沖でとれたサケに限る
  • 重さが3.5キロ以上であるもの
  • 脂ののりがよいもの
  • 鮮度の保持具合がよいもの

銀聖になれるサケは日高沖でとれるサケのほんの数パーセントだそう。

北海道産のサケというだけで絶対おいしそうなのに、その中から厳選されたサケってすごくないですか?

この上ないおいしさだと思いますよ!!

「銀聖」は9~11月が一番おいしいワケ

この「銀聖」ですが、食べるなら今しかないんです、9~11月が一番おいしいんです。

みなさん一度は聞いたことがあると思いますが、サケは川でうまれ、大人になると産卵するために生まれた川に戻ってきます。

で、北海道では9~11月にサケが川に産卵のために戻ってきます。

産卵しようとするサケは川を上るにはかなりの体力が必要となるので、脂をたくさん体にたくわえるわけです。

その、川に上る直前のサケを河口付近で獲っているのでこれ以上ないくらいに脂ののりがよいサケが獲れるわけです。

 

だから、「銀聖」は9~11月が圧倒的に旬です!この時期を逃すと旬の銀聖は1年後におあずけです・・・

極上サーモン「銀聖」のおいしい食べ方

切り身を普通に焼いて食べる

最もメジャーな食べ方ですね。

恐らく、家で食べる場合は凍らしてサケを保管していると思いますが、よりおいしく「銀聖」を食べようと思えば、解凍のしかたに注意する必要があるようです。

解凍は冷蔵庫で6時間かけてゆっくりするのが一番おいしいそう。

部屋の中で自然解凍したり、電子レンジを解凍するのはよろしくないそう。というのも、急激に水分がサケから出て行ってしまい、水分と一緒にうまみ成分も外に出てしまうのだそう。

 

焼くときは、家庭用のグリルで最初は弱火~中火で片側を5分ほど焼き、次に強火で片面を30秒~1分、最後に皮がついている方を1分ほど焼くとおいしくできあがるそうですよ!

自宅で「石狩鍋」にして食べる!

「石狩鍋」はサケを主材料とした北海道の郷土料理。銀聖を使うとよりおいしくなるでしょう。

家でも食べられるように「石狩鍋」のレシピや材料を書いておきますね。

【石狩鍋の材料】

  • サケ(銀聖)の頭・中骨・尾を1尾分
  • サケ(銀聖)を3キレ
  • サトイモとだいこんを300g
  • ねぎ2本、ごぼう1本、にんじん1本
  • 焼き豆腐1丁
  • 春菊を適量

【石狩鍋のレシピ】

北海道ぎょれん」は北海道漁業協同組合連合会が運営するウェブサイト。ここのレシピが一番信用できそうです。

極上サーモン「銀聖」が買える場所まとめ

銀聖、欲しくなったでしょう?

銀聖が買えるのは、北海道のデパートや日高地方の直売店!もしくは、東京の有楽町駅前にある「北海道どさんこプラザ」でも購入できます。

「いや、全部北海道も東京も遠いしなぁ・・・」って方も大丈夫です、この時代、なんとAmazonや楽天なんかからも余裕で買えちゃいます(笑)

銀聖は9~11月が一番おいしいんですよ!食べるなら今しかないですね~(笑)

スポンサードリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です