【画像アリ】自衛隊のイケメン部隊!?特別儀じょう隊ってどんな部隊?

イケメン自衛隊
自衛隊にイケメン部隊があるって知ってた?

特別儀じょう隊っていうんだけど・・・

僕も最近知りましたが、自衛隊にはイケメン部隊があるそう。

でも、なんで自衛隊にイケメン部隊が必要なの?イケメンで敵を誘惑するの?どういう人達がイケメン部隊に入れるの?

って気になりません?

そんな自衛隊のイケメン部隊である「特別儀じょう隊」について詳しく調べてみました。




イケメンでないと入れない!特別儀じょう隊になる厳しい条件

※AmazonのDVDの画像です(笑)

なんと、特別儀じょう隊になるには下のような厳しい基準があり、いわゆる顔セレがあるんです(笑)

  • 身長は170cm~180cm
  • 体重は60~75kg
  • 矯正視力は0.6以上(メガネは認められない)
  • 容姿が端正なもの

最後の「容姿が端正なもの」とはつまりはイケメンであるということ。その他、選考基準には骨格の形や脚の形など、努力ではどうしようもないものもあるそう。

大学のサークルや就職のときなんかに「顔でサークルに入会・企業への採用が決まること」を顔セレと言いますが、まさかまさか自衛隊でもあったんですね~。

でも、どうして特別儀じょう隊はイケメンの人が選ばれるのでしょうか?その秘密は特別儀じょう隊の仕事の内容にあるようです。

イケメン部隊「特別儀じょう隊」の仕事

とっても簡単に言うと、外国などから首相や元首・王様などが日本にやってきたとき、それをお出迎え・おもてなしするのが特別儀じょう隊の仕事です。このお出迎えのことを「栄誉礼」と呼ぶそう。

Twitterの首相官邸アカウントの特別儀じょう隊についてのツイートです。安倍首相とスリランカの首相の横にずらりと並んでいるのが特別儀じょう隊です。

つまり、いわば特別儀じょう隊は日本の「顔」だということです。そりゃ~、イケメンを集めるのも当然のことですよね(笑)

赤坂の迎賓館

お出迎えは赤坂の迎賓館や、羽田空港で行うようです。

しかし、外国からやってきたお偉いさんなら誰でも特別儀じょう隊におもてなししてもらえるわけではないよう。

特別儀じょう隊におもてなしをしてもらえるのは国賓級のゲストがやってきたときのみです。

なお、国賓級のゲストとは、日本の政府や皇室が公式に日本におもてなしするゲストのこと。

余談

ちなみに、この特別儀じょう隊が持っている銃は弾をうてないし、刀は切ろうとしても切れないらしいです。

じゃあこの銃や刀はなんなんだというと、「万が一のときのために来賓客(ゲスト)を守りますよ」という意思表明のようです。

スポンサードリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です