【山陽新幹線】のぞみ・ひかり・こだま・さくら・みずほの違いって?

山陽新幹線(新大阪~博多)ってのぞみ・ひかり・こだまの他に「さくら」「みずほ」って新幹線も走っててややこしいし、何が違うかよくわからない…

本記事ではこのような疑問や悩みについて解説していきます。

山陽新幹線(新大阪~博多)には「のぞみ・ひかり・こだま・さくら・みずほ」といった多くの種類の新幹線が走っています。

種別によっては他のより座席がより快適だったり、速さが違ったりするのですが、ちゃんと理解している人は少ないのではないでしょうか?

この記事を読むとわかること

山陽新幹線(新大阪~博多)を走る「のぞみ・ひかり・こだま・さくら・みずほ」の

  • 速さ・所要時間の差
  • 停車駅のパターン
  • それぞれの使われている車両の違い
  • それぞれの料金や一番安く乗る方法

違いをしっかりわかっていると、新大阪から広島や博多に行くときは「のぞみ」の指定席なんか絶対に使わず、「さくら」か「みずほ」を使いますし、「こだま」が500系で運転されるなら絶対に6号車に乗ります。

なぜならそうする方がお得で快適だからです。

この機会に新大阪~博多を走る新幹線の違いを知っておきましょう。

注意

今回解説するのは山陽新幹線(新大阪~博多)での「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」、「さくら」、「みずほ」の違いについてです。

東海道新幹線(東京~新大阪)にものぞみ・こだま・ひかりは走っていますが、この記事では触れません。

東海道新幹線について知りたい方は「東海道新幹線のぞみ・ひかり・こだまの速さ、停車駅、車両、料金の違い」をご覧ください。

のぞみ・ひかり・こだま・さくら・みずほの基本情報

くわしく見ていく前に各新幹線の基本的な情報を先に少し見ておきましょう。

のぞみ

のぞみは「みずほ」と並んで山陽新幹線で最も停車駅が少なく、スピードも1番速い新幹線で、新大阪~広島を1時間20分、新大阪~博多を2時間30分ほどで結びます。

停車駅は新大阪・新神戸・(姫路・)岡山・(福山・)広島・(徳山・)(新山口・)小倉・博多です。カッコがついている駅には一部ののぞみが停車します。

ほぼ全てののぞみが東海道新幹線の名古屋や東京まで直通しています。

使用車両はN700系のみです。

N700系