「東京~名古屋、もしくは名古屋~東京を新幹線で移動したい!往復したい!」という方にむけて書きました。

東京⇔名古屋を新幹線で移動しようとしても格安切符や格安プランなどがいくつもあって正直どれがいいのかわからないですよね?

この記事を読むとわかること
  • 1番お得に東京⇔名古屋を移動できるのはどの切符・プランなのか
  • 色々な格安切符・格安プランの費用
  • 色々な格安切符・格安プランのメリットとデメリット
  • あなたに合った切符やプランはどれか

今まで様々な格安切符・格安プランで新幹線旅行をしてきた実体験から各切符やプランの費用や良い点・悪い点、どんなひとにオススメできるのかなどをまとめました。

新幹線で東京⇔名古屋移動を考えている方はぜひ参考にしてください!

東京⇔名古屋の新幹線の格安切符・プランの料金比較

最初に結論を教えますね。結論を

  • 東京⇔名古屋の新幹線移動の主な格安切符・格安プランをお得な順にならべた表
  • あなたにぴったりな東京⇔名古屋の新幹線の格安切符・プランがわかるチャート図

の2つにまとめました。

それぞれの格安プラン・切符はこの章の次から詳しく説明していきます。

ですが、最低限ここだけを見てもあなたに合ったプラン・切符は分かるようにしました。

【早見表】東京⇔名古屋の新幹線の格安切符・プラン一覧

切符・プラン名 料金 おトクになる金額
新幹線+宿泊セットプラン 18000円~(往復+ホテル付の値段) 約4200円+宿泊代
東京ブックマーク日帰り 16200円(往復の値段) 5980円
ぷらっとこだま 8500円 2550円
エクスプレス早得 8800円 2290円
エクスプレス予約 10110円 980円
新幹線回数券 10360円(片道1回分) 730円
金券ショップ 10000~10500円程度 450~900円ほど
通常料金(参考) 11090円 0円

※特に断りのない限り、料金は片道の値段です。

「新幹線+宿泊セットプラン」、「東京ブックマーク」は日本旅行のプラン。

ぷらっとこだま、エクスプレス早得・予約はJR公式の切符・サービスです。

新幹線の通常料金について補足

なお、新幹線の通常料金は14450円としていますが、これは指定席利用の場合です。

自由席に乗ると通常料金は13620円、グリーン席に乗ると通常料金は19230円です。

また、時期によって新幹線の値段は通常料金から200円ほど前後します。

【早見チャート】東京⇔名古屋の新幹線の格安切符・プランナビ

早見表だけでは結局どれが自分に合うプラン・切符なのかわからないと思いますので、ナビ形式にしました。

ナビに従って、YESまたはNOを選択していくとあなたにピッタリな切符やプランがわかります。

東京⇔名古屋の新幹線格安プラン「新幹線+宿泊セットプラン」


>>【ホテル代実質無料】「新幹線+宿泊セットプラン」公式サイトはこちら

プランの概要

往復の新幹線を格安で予約できるだけでなく、宿泊するホテル・宿まで一緒に予約出来てしまう超おトクなプラン。

宿泊するホテルはもちろん、様々な場所・グレードから選ぶことができ、最大5泊まで可能。

新幹線に乗って現地についた後は自由行動なので出張にも観光にも便利です。

料金 【1番おトクです】

  • 東京発だと約19800円~
  • 名古屋発だと約18800円~

となっております。

宿泊数・ホテルのグレード・新幹線に乗る時間帯や種別によって値段が変わります。

乗る新幹線は「のぞみ」「ひかり」を利用する場合と「こだま」を利用する場合で値段が変わります。

乗る新幹線の種類 追加料金
のぞみ・ひかり利用 +1000円~2000円ほど
こだま利用 なし

さらに、「のぞみ」「ひかり」を利用する場合だと乗る時間帯によってさらに追加料金が必要です。「こだま」の場合は追加料金があっても+200円~500円ほどと安いです。

乗る「のぞみ」「ひかり」の時間帯 追加料金
6時台・11時~15時台・20時~21時台発 なし
10時台・16時台発 +1500円ほど
7時~9時・17時~19時台発 +2800~3300円ほど

 

「追加料金、結構かかるんだな~」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、最も費用が高くつく新幹線の種類・時間帯を選んでも通常と比べてホテル代が浮いてしまう、つまり実質無料になるくらいにお得です。

どんな人にオススメか?

  • できるだけ新幹線にお得に乗りたい人
  • 家族や友人・恋人などと一緒に泊まりで東京・名古屋に旅行する人
  • 東京や名古屋に泊りがけで出張する人

 

新幹線で現地へついた後はもちろん自由行動なので、宿泊する予定がある人なら誰にでもオススメです。

メリット

  • ホテル代が1泊実質無料になるくらいに安い
  • 新幹線とホテルをセットで予約できるので手間がかからない
  • 旅行する予定日の3日前まで予約が出来る
  • 到着した先では自由に行動できる
  • チケットは送料無料で自宅へ郵送される

 

デメリット

  • 宿泊する予定がないと利用できない
  • 新幹線に絶対に乗り遅れてはいけない

新幹線+宿泊セットプランの申し込み方法【簡単です】

プランの申し込みは「新幹線+宿泊セットプラン公式ページ」から行うことが出来ます。申し込み手順については下の画像の通りです。

お金の支払い方法はクレジットカードまたは銀行振り込みとなっているので直接店舗に行く必要はなくかなり楽です。

申し込みが終わり、切符の手配が済み次第、郵送で切符を送ってもらえます。(郵送は無料です)

 

↓↓宿泊代が実質無料↓↓

※新幹線の座席やホテルの部屋には限りがあります。早めに予約しないと良いホテルや希望の新幹線の時間帯がとれない場合も・・・

東京⇔名古屋の新幹線格安プラン「東京ブックマーク日帰りプラン」

>>【1万円もお得】「東京ブックマーク」公式サイトはこちら

これなら浮いた1万円で東京観光を存分に楽しめます!

東京ブックマーク日帰りプラン概要【名古屋発日帰り旅行にベスト】

名古屋を朝早くの新幹線で出発し、夜は東京に最低でも20時まで滞在できる、日帰りでも東京を十分満喫できるプラン。

もちろん東京についた後は自由行動ができます!

その他、東京周辺の私鉄などの1日乗り放題券や食事券・商品券などもついてきます。

注意

東京ブックマークは関西発のプランです。東京発で名古屋へ日帰り旅行はできないので、東京発でお考えの方は申し訳ないですが、読み飛ばしてください。

東京ブックマーク日帰りプランの料金 【5000円以上もおトク!】

通常期は15800円という格安料金で名古屋⇔東京を往復利用でき、通常と比べて軽く5000円以上もお得に!

どんな人にオススメか?

  • なるべく安く日帰りで名古屋から東京へ観光しに行きたい人
  • なるべく安く日帰りで東京へ朝から晩まで出張などで行きたい人

東京ブックマークは1人からでも利用可能で、人数は気にする必要はありません。

メリット

  • 普通に新幹線に乗るより1万円弱お得
  • 最速で東京に8時半につける
  • 最も遅くて東京に21時まで滞在できる
  • 東京ではもちろん自由行動ができる
  • 私鉄などの乗り放題切符がついてくる

デメリット

  • 東京発で名古屋まで日帰り旅行は不可能
  • 乗ることのできる新幹線が決まっている
  • 年末年始は設定がない場合もある
  • 絶対に乗り遅れてはいけない

東京ブックマーク日帰りプランで乗れる新幹線

東京ブックマークで乗ることのできる新幹線は下の画像の新幹線です。

ほとんどの便が東京に朝早くついて夜遅くまで満喫できますね~。

 

↓↓1万円もお得です!↓↓

※東京ブックマークの新幹線の座席数は普通のプランより少ないので売り切れることも!?ご予約はお早めに!

東京⇔名古屋の新幹線格安きっぷ「ぷらっとこだま」

>>ぷらっとこだまの公式サイトはこちら

ぷらっとこだまの概要

ぷらっとこだまは片道での利用も可能でかなり値段が安い代わりに「こだま」しか使えない切符。サービスで飲み物1杯無料券がもらえます。

「こだま」しか使えないので東京⇔名古屋の移動には結構時間がかかってしまいます。

その他、申し込みや改札の通り方など通常と違う点がいくつかあり、クセのある切符です。

新幹線に格安で乗れる「ぷらっとこだま」とは?使い方や買い方教えます

2018年8月25日

ぷらっとこだまの料金

通常期は8500円、繁忙期(新幹線を使う人が多い時期)は9700円です。

通常料金と比べると、2550円もお得です。

どんな人にオススメか?

  • 片道だけ新幹線を格安で乗りたい人
  • 例えば行きは新幹線、帰りはバス・飛行機を使う人など
  • 移動時間にある程度余裕がある人

 

ただし、「こだま」利用となると東京⇔名古屋が片道4時間ほどかかってしまいます。できるだけ早く移動したい人、急いでいる人にはオススメできません。

つまり「ぷらっとこだま」で東京~名古屋を往復してしまうと新幹線に乗っている時間がトータルで8時間となってしまうので日帰り旅行の場合には全くオススメできません。

宿泊される方は先ほど紹介した「新幹線+宿泊セットプラン」がベストチョイスです。

メリット

  • 新幹線が片道1万円で乗れてしまう
  • 新幹線に乗る日の前日まで予約が出来る
  • ほとんどの時間帯のこだまに乗れる
  • 飲み物が一杯無料になる

デメリット

  • 新幹線移動にしては片道4時間と時間がかかりすぎる
  • 予約後に変更しようとすると手続きがややこしい
  • 通常の切符とは違い、改札の通り方が少しややこしい
  • 絶対に乗り遅れてはいけない

ぷらっとこだまの申し込み方法など【ややこしめ】

申し込み方法や支払い・切符の受け取りなどが少しややこしいので、わかりやすく解説しておきます。

ぷらっとこだまの申し込み方は「インターネット予約」、「電話予約」、「店に直接行く」の3種類があります。

インターネット予約はe-ぷらっとネットというぷらっとこだま申し込み専用サイトに会員登録する必要があるので面倒です。電話予約が一番てっとり早いと思います。

支払方法や切符の受け取り方も少し変わってくるので簡単に表にまとめました。

申し込み方 インターネット予約 電話予約 店に直接行く
支払方法 クレジットカード クレジットカード クレジットカード・現金
切符の受け取り方 郵送 郵送・店に直接行く 郵送・店に直接行く

※切符を郵送してもらう場合は送料82円がかかります。

 

>>ぷらっとこだまのお申込みはこちらから

時間は別にかかっていいから、とにかく片道の新幹線の費用を安く抑えたい!という方にはオススメです。

東京⇔名古屋の新幹線格安サービス「エクスプレス予約」

>>エクスプレス予約公式サイトへ

エクスプレス予約の概要

エクスプレス予約は会員登録をすれば、

  • 新幹線をどこにいてもネットで予約出来て
  • さらにICカードを使いチケットレスで

どの新幹線にも乗れる便利なサービスです。

新幹線料金自体はさほど安くなるわけではありませんが、新幹線の予約・変更は発車の4分前まで可能で、時間の融通は1番ききます。

料金

料金は通年で10110円。通常料金と比べて980円安いです。

GWやお盆・年末年始など新幹線の通常の切符の値段が少し上がる期間も値段は変わりません。

どんな人にオススメか?

  • 仕事などで新幹線を1年を通して頻繁に利用する人
  • 乗る新幹線の時間がギリギリまで決まらない人

エクスプレス予約は旅行で東京⇔名古屋を利用する人にはそこまで向いてないかな~という感じ。

ただし、普通に窓口や金券ショップで新幹線の切符を買うよりはお得で楽です。今まで紹介したプランやお得な切符が使えない場合はエクスプレス予約で新幹線を予約する価値はあります。

メリット

  • 新幹線を発車のギリギリの時間まで予約・変更できる
  • 1年を通して値段が変わらない
  • ネットでどこでも新幹線を予約できる
  • チケットレスで切符が不要なので新幹線に乗るのが楽
  • 新幹線の予約・変更に手数料がいらない
  • キャンセル料は直前でも一律310円

デメリット

  • 会員登録しないといけない
  • 会員登録に必要なクレジットカードを作らないといけない場合もある
  • ネットが使えない環境だと予約が難しい

 

>>エクスプレス予約公式サイトへ

※エクスプレス予約の使い方などに関しては『新幹線は「エクスプレス予約」で安く乗ろう!料金や使い方を徹底解説』で詳しく解説しました。

東京⇔名古屋の新幹線格安サービス「エクスプレス早得」

>>エクスプレス早得の公式サイトはこちら

エクスプレス早得の概要

先ほど紹介した「エクスプレス予約」の早割切符です。

21日前、つまり3週間に予約をすれば6時台・11~15時台に駅を発車する「のぞみ」に25%OFFの値段で乗ることが出来るサービス。

ただし、利用できるのはもちろんエクスプレス予約会員の方に限ります。

エクスプレス早得の料金

8800円と2290円も通常料金と比べると安いです。

ただし、GWやお盆、年末年始などの期間はエクスプレス早得は使うことが出来ません。

どんな人にオススメか?

  • 片道だけ「のぞみ」に安く乗りたい人
  • 東京から大阪に新幹線で日帰り旅行に行く人
  • 新幹線に乗る予定日が3週間前からしっかり決まっている人
  • 宿泊先は予約済みor予約不要で、「のぞみ」になるべく安く乗りたい人

片道は新幹線の「のぞみ」で東京または大阪に行って、帰りはバスや飛行機などを使うという人には使いやすいと思います。

また、到着先での宿泊場所がもう予約済みで、とりあえず「のぞみ」をできるだけ安く乗りたい方にはオススメです。

メリット

  • スマホやパソコンで簡単に予約できる
  • ICカードで乗れ、切符が不要なので新幹線に乗るのが楽
  • 予約の変更をしても手数料がタダ
  • キャンセル料は直前でも一律310円

デメリット

  • 会員登録しないといけない
  • 3週間以上前に予約する必要がある
  • 7~9時台、16時以降に駅を発車する「のぞみ」に乗れない

 

>>エクスプレス早得の公式サイトはこちら

※エクスプレス早得の使い方などに関しては『新幹線は「エクスプレス予約」で安く乗ろう!料金や使い方を徹底解説』で詳しく解説しました。

東京⇔名古屋の新幹線格安きっぷ「新幹線回数券」

>>新幹線回数券公式サイトはこちら

新幹線回数券の概要

新幹線回数券は6枚つづりでJRのみどりの窓口や券売機で売られている切符です。

6枚つづりでしか買えないので、新幹線に3ヶ月以内に6回以上は乗る人でないと損をすることになります。

指定席回数券の場合、新幹線の座席の指定はJRの窓口で受けてください。自由席回数券の場合は、座席の指定はないのでそのまま切符を改札に通すだけでOKです。

料金

6枚つづりで62160円。つまり1枚当たり10360円です。通常と比べて安くなるのは840円だけです。

ただし、GWやお盆、年末年始の期間は使うことが出来ません。

どんな人にオススメか?

  • 3ヶ月以内に新幹線に6回以上乗る人
  • エクスプレス予約の会員じゃない人で新幹線を頻繁に使う人

 

新幹線回数券を使うくらいならエクスプレス予約に会員登録した方が良いです。

会員になると年間1080円の会費がかかりますが、トータルでみると金銭的にもお得で座席の指定なども楽になるのでエクスプレス予約会員になる方がオススメです。

注意

回数券は6枚を3ヶ月以内に使いきれない人は買うべきではありません。

残った分を金券ショップで売ろうと考える人もいるかもしれませんが、そう高くは売れないです。

メリット

  • 新幹線発車前なら何度でも乗る新幹線を変更できる
  • エクスプレス予約のように会員登録などは必要なし

デメリット

  • わざわざ駅などに買いに行く必要がある
  • 座席の指定も駅まで足を運ぶ必要がある
  • エクスプレス予約の方が断然おトク

購入方法

回数券はお近くのJRの駅のみどりの窓口でお買い求めいただけます。

>>新幹線回数券公式サイトはこちら

東京⇔名古屋の新幹線格安サービス「金券ショップを使う」

概要

金券ショップで売られている新幹線の切符は基本的に新幹線回数券をバラして売っているものです。

したがって、使い勝手は新幹線回数券と同じで、GWやお盆、年末年始に使うことはできません。

指定席回数券の場合、新幹線の座席の指定はJRの窓口で受けてください。

料金

金券ショップで買える新幹線の切符の値段は、場所にもよりますが10000円~10500円ほどでしょう。

正直、あまり安くはなりません。

どんな人にオススメか?

  • 新幹線の切符を直前に買うけど少しでも安く手に入れたい人
  • エクスプレス予約会員ではない人

金券ショップで買うのは他に安くなる切符やプランがなかった場合の最終手段と考えてもよさそうです。

メリット

  • 出発の直前でも切符が買える

デメリット

  • 金券ショップが駅の近くにないと買えない
  • そこまで安くはない
  • クレジットカードなどは使えない
  • 切符の使用期限がある

「東京⇔名古屋の新幹線格安プラン・切符」まとめ

最後にもう一度この記事で紹介した格安プランや切符についてまとめておきます。

 

できるだけ新幹線代は浮かして観光などにお金は使いたいですよね~。

東京⇔名古屋を新幹線で行かれる場合はぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です