新幹線の子供料金はいくら?何歳から何歳まで使える?証明は必要?

「子どもと一緒に新幹線で旅行するけど、子供料金って何歳から必要なんだっけ?子供の年齢がわかる証明とかもいるのかな?」

「あれ、うちの子供中学生になるけど、もう新幹線で子供料金はつかえないの?」

こういった新幹線に子どもと一緒に乗る時の悩みについて答えていきます。

この記事を読むとわかること
  • 新幹線の子供料金はいくらなのか
  • 子供料金は何歳から何歳まで使えるのか
  • 「自由席」と「指定席」を使う時の子供料金の違い
  • 子供と新幹線に乗るとき年齢を証明できるものが必要なのか
  • 子どもと新幹線に乗るときなるべく安く済ませる方法

「子供」といっても小児、幼児、乳児であるかで子供料金が必要なのか、必要でないのか変わってきます。

子供料金は確かにほとんどの場合「大人の半額」なのですが、半額にならない切符の種類もあります。

新幹線の子供料金は何歳から何歳まで?

基本的にJRでは大人と子どもを以下のように分類しています。

大人 12歳以上(中学生以上) 大人料金
小児 6歳~12歳(小学生) 子供料金(大人の半額)
幼児 1~6歳(小学生未満) 無料※
乳児 0歳 無料※

 

つまり、子供料金で乗れるのは6~12歳の小学校に通う子供で、ざっくり言いますと、大人料金の半額になります。

中学生以上になると、料金は大人料金になり、逆に小学生未満になると基本的に料金は無料となります。

ただし、小学生未満の子でも、その子のために指定席・グリーン席を予約する場合は別途子供料金が必要になりますが、これについてはまた後で触れますね。

新幹線に子供が乗るときは「証明」は必要?

乗っている子供が実際に小学生かどうかとか、小学生未満かどうかなんて正直見分けがつきませんよね?

だから子供の年齢が証明できるものが必要なのかな?と思う方が多いようです。

が、あまり「子供の年齢を教えてください」とか「子供の年齢がわかるものを提示してください」などと新幹線内や切符を買う時に聞かれることは少ないです。

 

ただし、めっちゃ大人びている小学生とかも中にはいるので、新幹線の乗務員さんとかが「あれ?怪しいな?」と思った時とかは確認されることがあるようです。

基本的に証明は必要ありませんが、年齢確認を絶対されないという保証はないので、何か子どもの年齢を証明できるものは持っておきましょう。

新幹線の子供料金の計算方法って?

新幹線の子供料金の計算方法について説明していきます。

新幹線に乗るために必要な切符

が、その前に新幹線に乗るために買わないといけない切符の種類について簡単に知っておく必要があります。

【自由席・指定席の場合】

新幹線の自由席または指定席に乗る場合は「乗車券」と「特急券」が必要です。

「乗車券」とはいわば運賃のことで、皆さんが家の近くの駅から隣町の駅まで電車で移動する時に買う切符と同じです。移動のために必要な切符です。

「特急券」とは新幹線などに乗るときに必要になる乗車券以外の切符です。素早く移動するためのオプション料金と考えてもいいでしょう。

【グリーン席の場合】

グリーン席に乗る場合は「乗車券」と「特急券」のほかに「グリーン券」という切符が必要になります。

「グリーン券」は設備の良い快適なグリーン車に乗るために必要な切符です。

自由席利用・指定席利用の場合の子ども料金

自由席や指定席に乗る場合の子供料金は単純に大人料金を半額にするだけです。ただし、1の位は切り捨てです。

例えば東京~新大阪をのぞみの指定席で移動する場合を考えてみましょう。

この場合、大人の料金が14450円なので、これの半額だと7225円です。

1の位は切り捨てなので、子供料金は7220円になります。

グリーン席利用の場合の子ども料金

グリーン席を利用する場合なのですが、自由席・指定席の場合とは違い少しややこしいです。

子供料金は「乗車券」と「特急券」は半額になりますが「グリーン券」は半額になりません

また、東京~新大阪でのぞみの「グリーン席」を利用した場合を考えましょう。

この時の「乗車券」は8750円、「特急券」は5700円、「グリーン券」は4780円です。

つまり、子供料金は8750÷2+5700÷2+4780=12005円、1の位を切り捨てて12000円です。

【注意】新幹線に乳児や幼児などの子供が乗るときの料金

小学生未満の乳児や幼児が新幹線に乗る場合は大人1人につき、2人の乳幼児まで無料となります。3人目以上は子供料金が必要になります。

ただし、自由席を利用する場合、指定席を利用する場合で少し扱いが変わってくるので注意が必要です。

これで安心して乗れる!新幹線に赤ちゃんと乗るときのコツまとめ

2018年8月30日

自由席利用の場合

自由席を利用する場合、どのような場合でも乳児や幼児は無料となります。

乳児や幼児を座席に座らせてもJR的にはまったく問題ありません。しかし、自由席だと座席に座れる保証がないので、座席を確保できなかった場合は地獄です。

ただし、周りのお客さんからは迷惑がられる可能性もあります。

車内が混雑している場合は子どもを膝の上に乗せるなどした方がよいでしょう。

指定席・グリーン席利用の場合

指定席・グリーン席を利用する場合は乳児・幼児のために座席を予約しないならば無料です。

つまり、ベビーカーに乗せたままにするだとか、親の膝の上に乗せるなどの場合は無料です。

 

しかし、乳児・幼児のために座席を予約しようと思った場合は別途、子供料金で「乗車券」と「特急券」、グリーン車利用の場合は「グリーン券」が必要になります。

長時間膝の上に子供を乗せたままにするのはしんどい方は、料金は必要になりますが、子供のために座席を予約するのも悪くないかもしれません。

幼児が1人で新幹線に乗る場合

あまりこういった状況はないと思いますが、幼児が1人または幼児がグループで大人の同伴なしに新幹線に乗る場合は子供料金が必要になります。

自由席・指定席・グリーン席、どの座席でも子供料金が必要になります。

新幹線の子供料金を安く済ませる方法

最後に、新幹線にできるだけ安く乗る方法を紹介します。

「エクスプレス予約」を使う

エクスプレス予約」は東海道・山陽新幹線をネットで予約し、チケットレスで新幹線に乗車できるサービスです。

わざわざ駅の窓口に行かなくても、スマホなどから楽に予約をできる上に、駅の窓口で買うよりも安く買えるという便利なサービス。

また、早割といって、出発日の3日前以前や3週間前以前などに切符を予約すると、さらに切符がやすくなることもあります。

もちろん子供は基本的に半額となります。

新幹線は「エクスプレス予約」で安く乗ろう!料金や使い方を徹底解説

2018年9月6日

「新幹線+宿泊セットプラン」を使う

新幹線+宿泊セットプラン」は往復の新幹線と宿泊がセットになった、日本旅行が発売しているプランです。

もちろん、新幹線に乗って目的地に到着した後は自由に行動してOKなので、観光だけでなく出張などのご利用にもたいへん便利なんですよ!

また、乗る新幹線ものぞみ、ひかり、こだま問わず自由に選べ、宿泊するホテルも豊富な選択肢の中から選べるので、自分に合ったホテルも見つかるはずです。

 

 

主な例として東京~新大阪・京都・名古屋の料金を紹介しますね。

通常料金(1人片道) プラン料金 通常料金との差額
東京~新大阪 14140円 21000円~ 7900円+宿泊代
東京~京都 13600円 20000円~ 7820円+宿泊代
東京~名古屋 10880円 18600円~ 3580円+宿泊代

※値段は乗る新幹線や宿泊するホテルによって変わってきます。混雑する時間帯の新幹線に乗ったり、高級なホテルに宿泊する場合はその分値段が上がります。

宿泊代は最低でも3000円はかかるものとして、東京~新大阪・京都などを往復する場合ですと、1万円以上お得になります。

また、同じように東京~名古屋を往復する場合なら6000円以上お得になります。

↓お申込みはコチラから↓

まとめ

最後にサクッとおさらいしておきましょう。

おさらい
  • 新幹線は0~6歳は基本的に無料、6~12歳は子供料金、13歳以上は大人料金が必要
  • 子供料金はグリーン車に乗るとき以外は大人料金の半額
  • 子どもの年齢の証明を求められることは少ないが、証明できるものは持ったいたほうが良い
  • 0~6歳が指定席・グリーン席に乗るとき、場合によっては子供料金が必要になる

あ、たまに中学生だけど子供料金で新幹線に乗ったりする人もいますが、立派な犯罪ですよ?

新幹線は正規運賃で乗りましょうね!

スポンサードリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です