ヤバい、新幹線に間に合わない!新幹線に乗り遅れた時の対処法まとめ

「やばい、新幹線あと5分で発車するけど間に合わなさそう!このままじゃ乗り遅れる!」

新幹線は基本的に乗る時間が決まっているのが普通。

旅行や出張などで使うことが多い新幹線ですが、もし乗り遅れた場合はどうすればいいのでしょうか?

こういった疑問に今回は答えていきます。

本記事を読むと分かること
  • 新幹線に乗り遅れても後続の新幹線に乗れるのか
  • 新幹線に乗り遅れてもお金は払い戻しできるのか

実は自分もいちど、新幹線の指定席をとっていたのですが乗り遅れたことがあります。

・・・が、「乗り遅れても後続の新幹線の自由席なら乗れる」という制度のおかげでなんとか事なきを得ました。

新幹線に乗り遅れたら後続の新幹線に乗れます!

ホっとしましたか?新幹線に乗り遅れた場合は追加料金なしで基本的には後続の新幹線に乗車することが出来ます。

が、さすがに乗り遅れているので制約があります。

指定席を予約していた場合

後続の新幹線の自由席に限って利用することができます。

残念ながら、指定席には乗ることは不可能です。

「自由席に乗れるなら、後続の新幹線の指定席と自由席との差額を払えばまた指定席に乗れるの?」

と思う方もいそうですが、そううまくも行かず、後続の新幹線の指定席に乗りたい場合は全額お金を払う必要があります

ですので、諦めて後続の新幹線の自由席に乗ったほうがいいでしょう。

また、中には「はやて」や「かがやき」のような自由席のない新幹線も存在します。つまり、全席指定席の新幹線です。

このような新幹線に乗り遅れた場合は「立ち席」として新幹線に乗車することは可能です。

立ち席とは座席がなく、立ったままで乗らないといけないということです。

グリーン席を予約していた場合

グリーン席を予約していて乗り遅れた場合・・・結構絶望ですよね。

しかし、後続の新幹線のグリーン席に空きがあり、特に支障がないと車掌さんが判断した場合、なななんと!グリーン席に乗ることが出来ます。

新幹線のグリーン席

とはいえ、いきなりグリーン席の適当な席に座らないでください!まずは車掌さんの判断が必要なので、とりあえずは自由席に座ってください。

自由席にいると車掌さんが検札にくると思うので、そのときに

「グリーン席に乗り遅れたので、支障がなければグリーン席にのせていただけないですか?」

と丁寧にお願いしてみましょう。車掌さんが特に問題ないと判断をすればグリーン席に移動できます!

なお、グリーン席が満席だったり、他に不都合があった場合はグリーン席に乗ることが出来ないので、文句をいわずに自由席に乗るようにしてください。

自由席を予約していた場合

自由席を予約する時は、指定席の場合とは違って「〇〇駅〇時発の新幹線の自由席に乗りなさい」と乗る新幹線も指定されていません。

その日の内ならどの新幹線の自由席に乗ってもいいわけです。

ですので、自分が乗ろうと思っていた新幹線に乗り遅れても何も気にせず後から発車する新幹線の自由席に乗ってください!

特別な切符や旅行会社の格安プランを使っている場合

上で書いた3つはJRで普通に切符を買った場合に限ります。

例えば、普通の切符でなくJRが発売している格安切符や旅行会社が発売している格安プランを使って新幹線を予約した場合は、後続の新幹線に乗れないこともあります。

遅れた場合、後続の新幹線に乗れるのか乗れないのかは格安切符やプランによっても変わってきます

確認したい場合は、それらの切符やプランの案内を読むなり、問い合わせるなりしてください。

新幹線に乗り遅れたら新幹線代は戻ってくる?

「新幹線に乗り遅れたからもう新幹線に乗るの諦めよう!」

こんな時もあると思います。

その変わり、新幹線代払い戻してもらおう・・・。待ってください、乗る予定の新幹線が出発前か出発後かで払い戻しができるかどうかは変わってきます!

新幹線発車前なら新幹線代は払い戻せる

新幹線発車前なら払い戻せます。急いで最寄りの駅のみどりの窓口に行きましょう。

ただし、払い戻せるとは言っても全額もどってくるわけではありません。

また、指定席・グリーン席の場合と自由席の場合で払い戻し手数料も変わってきます。

【指定席・グリーン席の場合】

新幹線に乗るときに払っている料金は「乗車券代(運賃)」と「特急券代」の2つであることはご存知でしょうか?

「乗車券」は払い戻しのために手数料が220円必要です。

「特急券」は払い戻しのために特急券代の30%の料金が必要です。

つまり、「特急券代」×0.3+220円の手数料がかかるわけです。

例えば、東京から新大阪までのぞみで移動する時の運賃は8750円で特急券代は5700円なので、払い戻す手数料は

5700×0.3+220=1710+220=1910円となります。

【自由席の場合】

自由席の場合は「乗車券」、「特急券」ともに払い戻しの手数料が220円必要です。すなわち440円が手数料です。

新幹線発車後なら運賃のみ払い戻しできる

指定席・グリーン席を予約したけど、残念ながら乗る予定の新幹線の時間も過ぎてしまった!

残念ながら「特急券代」は払い戻すことが出来ません。ただし、運賃は220円の手数料を払うと払い戻すことが出来ます。

ちなみに、自由席の場合は切符を使う前、つまり新幹線の改札内に入る前なら特急券も乗車券もどちらも払い戻せます。

 

ちょっとややこしかったと思うので表にまとめときました。

払い戻しできるかどうか 新幹線発車前 新幹線発車後
指定席・グリーン席 払い戻し可能 乗車券のみ払い戻し可
自由席 払い戻し可能 切符を使っていなければ払い戻し可能

ちなみに、すべて新幹線に乗る日の当日に払い戻しをする場合を想定しております。

もし、当日よりも前に払い戻しをする場合は手数料がまた変わってくるのでご注意を。

特別な切符やプランを使っている場合

JRで買った普通の切符でなく、格安切符や格安プランをご利用の場合は払い戻しができるかどうかはプラン・切符によって変わってきます。

そのプランや切符のパンフレットなどをご覧ください。

新幹線はまず乗り遅れないように・・・

ご覧の通り、JRで切符を買った場合なら一応払い戻しもできたり、後続の新幹線の自由席に乗れます。

つまり、なんとかなります!(笑) 一応最後にもう一度おさらいしておきましょう。

まとめ
  • 新幹線に乗り遅れても後の新幹線に乗れます!
  • 払い戻しができるかは新幹線が発車しているかしていないかによる
  • そもそも新幹線に遅れないように・・・

忙しい方もいるかもしれませんが、新幹線の発車時刻に間に合うに越したことはないです。

できるだけ余裕をもって駅に到着しましょう。

スポンサードリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です