新幹線は「エクスプレス予約」で安く乗ろう!料金や使い方を徹底解説

東海道新幹線・山陽新幹線に安く乗れる「エクスプレス予約」、皆さんご存知ですか?

個人的には新幹線を年に2回以上使うならエクスプレス予約の会員になっておいて損はないと思ってます。

そんな新幹線のエクスプレス予約ですが、実際にどれくらい安く乗れるのか、使い方や入会方法などについて詳しく解説していきます。

※以下、エクスプレス予約のことを「EX予約」と略すことがあります。

新幹線のエクスプレス予約って何?

まず初めにエクスプレス予約について概要を説明します。

エクスプレス予約は東海道新幹線・山陽新幹線(東京~博多間)をネットで予約でき、そして切符いらずで乗れるチケットレスサービスのことです。

普通なら新幹線の切符は駅などに行って買い、切符を買いますが、これらの手間が省ける素晴らしいサービスです。

その上、普通に買うよりもお得に切符が買えてしまうわけです。

新幹線のEX予約の料金は本当に安い?もっと安く新幹線に乗る方法とは?

2018年9月16日

エクスプレス予約で新幹線料金はどれくらい安くなる?

皆さんが一番気になっているのは、どれくらい新幹線が安くなるか?ということですよね!

で、エクスプレス予約のサービスは主に「EX予約(通常のもの)」「EX早得」「EXファミリー早得」の3つがあり、それぞれ値段や使える条件が変わってきます。

それぞれについてどれくらい安くなるのかを見ていきます。

発車4分前まで予約できる「EX予約」

EX予約は東海道・山陽新幹線のすべての新幹線を駅を発車する4分前までネット予約できるサービスです。

主な乗車区間とEX予約を使った時の料金、通常料金との差を表にまとめてみました。

区間 EX予約使用時の料金 通常料金との差
東京・品川⇔新大阪 13370円 1080円
東京・品川⇔名古屋 10110円 980円
東京・品川⇔広島 17660円 1420円
新大阪⇔名古屋 5580円 780円
新大阪⇔広島 9140円 1100円

大人1人当たりの指定席を使った時の料金です。

最低でも1000円弱は安くなる計算ですね!他の区間の料金については「EX予約料金表」をご覧ください。

発車の直前でもパパッと予約出来て、しかも窓口で買うより安くなるってかなり強くないですか??

【補足】

「EX予約往復割引」もあり、これは片道600キロ以上の距離を新幹線で往復する時に、行き・帰りの新幹線を同時に予約すればさらに安くなります。東京からなら西明石以西まで往復する時に使えますよ!

3日前までに予約するなら「EX早得」が安い

EX早得は3日前までに新幹線を予約すると料金がさらに安くなります。

区間 平日料金 土曜・休日料金
東京・品川⇔岡山 14400円(-2940円) 14000円(-3340円)
東京・品川⇔広島 15900円(-3180円) 22380円(-3830円)
東京・品川⇔博多 17400円(-5550円) 17000円(-5950円)

大人1人当たりの指定席を使った時の料金です。かっこ内には通常料金との差を示しました。

ただし、3日前までに予約する必要があり、のぞみしか使えないという制約があります。

また、表を見て「東京・品川⇔新大阪」がないのはなんで?と思った方も多いと思いますが、EX早得が発売されていない区間も存在します。詳しくは「EX早得料金表」をご覧ください。

3週間前までに予約するなら「EX早得21」が圧倒的に安い

新幹線に乗る日程があらかじめ決まっていて3週間前(21日前)までに予約できるなら「EX早得21」を使うとかなり安くなります。

これも同じように、EX早得21を使った時の新幹線料金と通常の料金との差を表にまとめてみました。

区間 EX早得使用時の料金 通常料金との差
東京・品川⇔新大阪 11000円 3450円
東京・品川⇔名古屋 8800円 2290円
東京・品川⇔広島 14000円 5080円

大人1人当たりの指定席を使った時の料金です。

ただし、

  • 新幹線を21日前までに予約する必要がある
  • 乗車駅を6時台または11~15時台に発車する「のぞみ」しか使えない
  • GWやお盆、年末年始の期間など使えない時期がある
  • EX早得21が設定されていない区間がある(例えば新大阪⇔名古屋にEX早得21はない)

 

などの使用条件や注意点があります。

主な区間の料金のみ紹介しましたが、他の区間の料金を見たい場合は「EX早得21料金表」をご覧ください。

EX早得とEX早得21の違いに注意

「EX早得」と「EX早得21」の2種類の早得があるので2つを混同しないようにしてください。簡単にまとめておきます。

  • 「EX早得」は3日前までの予約で普通のEX予約より割と安めに「のぞみ」に乗れる
  • 「EX早得21」は21日前までの予約で普通のEX予約よりかなり安く「のぞみ」に乗れる
  • 共通するのは早得が使えない区間が存在すること

複数人で使うならEXファミリー早得

EXファミリー早得は2~6人で新幹線を使う場合、3日前までに予約すると新幹線の料金がかなり安くなるサービスです。

「ファミリー」とありますが、家族でなくて友人などのグループでも使えます。

で、このファミリー早得ですが、「のぞみ」利用のものと「こだま」利用のものの2種類があります。

【のぞみ利用】

区間 EXファミリー早得使用時の料金 通常料金との差
東京・品川⇔新大阪 12340円 2110円
東京・品川⇔京都 11800円 2110円
東京・品川⇔名古屋 9770円 1320円

料金は大人1人当たりの指定席使用時の値段です。

他の区間の料金を見たい方は「EXのぞみファミリー早得料金表」をご覧ください。

ただし、使用できる新幹線は「のぞみ」のみで、GWやお盆、年末年始などは使えない日も存在します。

【こだま利用】

こだま利用ですと、かなり料金が安くなります。

区間 EXファミリー早得使用時の料金 通常料金との差
東京・品川⇔新大阪 9900 4950円
東京・品川⇔京都 9800円 3800円
東京・品川⇔名古屋 7900円 2980円

料金は大人1人当たりの指定席利用時の値段です。

他の区間の料金を見たい方は「EXこだまファミリー早得料金表」をご覧ください。

ただし、使用できる新幹線は「こだま」のみで、GWやお盆、年末年始などは使えない日も存在します。

エクスプレス予約で新幹線に乗る方法

エクスプレス予約、かなりお得ってことがわかりましたね!

では実際にエクスプレス予約で新幹線に乗る手順をお話しします。

ステップ1:エクスプレス予約会員になろう

まず、エクスプレス予約を使うには、会員になる必要があります。

入会にはクレジットカードが必要で、新しくJRが発行するクレジットカード「エクスプレスカード」を作るか、お持ちのクレジットカードで登録するかの2種類の方法があります。

JRが発行する「エクスプレスカード」を使うと新幹線を利用するごとにポイントがたまっていくので、カードの種類が増えるのが嫌でなければ作っておくとよりお得です。なお、ポイントがたまるとグリーン車に乗れるようになります!

一方、すでにお持ちのクレジットカードで登録する場合、一部登録に使えないカードがあります。登録に使えるカードは「JR東海 カードナビ」で調べることができます。

会員費は1080円かかりますが、エクスプレス予約で2回以上新幹線に乗ったら基本的に元が取れるので、会員にならない方が損です(笑)

登録は「エクスプレス予約会員登録サイト」からどうぞ!!

ステップ2:ネットで予約しよう

予約はスマホ・パソコン・専用アプリなどから行うことが出来ます。

もちろん、空いている席なら好きな座席を自分で指定できるんですね!駅に出向かなくても家や外出先などでもパパっと予約できるのでかなり便利です!

ステップ3:いざ新幹線に乗ろう

ここでは主に改札の通り方について説明しますが、「切符を受け取る方法」と「EX-ICカードで切符を受け取らない方法」の2種類があります。

【EX-ICカードを使う(切符を受け取らない)方法】

エクスプレス予約会員に登録すると、ほどなくしてEX-ICカードが届きます。このEX-ICカードを使うと切符を受け取ることなく、新幹線に乗ることが出来ます。

新幹線に乗る当日に新幹線の改札機にEX-ICカードをかざしてください。すると、改札が開くと同時に「EXご利用票」が出てきます。これを受け取って、新幹線に乗ります。

新幹線から降りて、改札を出るときも同じようにEX-ICカードを改札にかざすと外に出ることが出来ます。このとき、EXご利用票は特に必要ありません。

【切符を受け取る方法】

切符を発券して、それで新幹線に乗ることも可能です。

JR西日本やJR東海の指定席券売機で「EX」と書かれた券売機を使います。ここにEX-ICカードまたは決済をするクレジットカードを挿入し、会員登録時に設定したパスワードを入力すると切符を発券できます。

切符を発券した後の新幹線の乗り方は普段と同じです。

これさえ読めば大丈夫!新幹線の乗り方を初歩からわかりやすく解説

2018年8月18日

もっと安く新幹線に乗るなら「新幹線+宿泊セットプラン」

ここまで、「エクスプレス予約の料金ってかなり安いですよ~」って言ってきましたが、実はさらに安く新幹線に乗る方法があります。

それは「新幹線+宿泊セットプラン」を使う方法です。

実はこれ、新幹線往復とホテルまでついてきて、普通に新幹線を往復するより安くなるんです!

例として新大阪から東京を普通に往復したとすると、新幹線代は28900円です。

しかし、この宿泊セットプランを利用すると新幹線の往復料金+ホテル代が最も安くて21000円で済んじゃいます!

宿泊される予定がある方には断然おススメです!到着した先では自由に行動できるので、旅行にも出張にもピッタリです。

もちろん、日帰りで新幹線を利用される方や、新幹線を発車の直前に予約される方はエクスプレス予約を使うのがベストです!

スポンサードリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です