【北陸】青春18きっぷで乗れる特例区間、乗ってはいけない注意路線【石川・富山】

北陸地方にはJRの路線じゃないのに青春18きっぷに乗れる路線があります。その路線はズバリ

  • IRいしかわ鉄道
  • あいの風とやま鉄道

の2つの路線。いや~、なんてサービスのいい路線でしょう・・・と思いきや実は青春18きっぷで乗れるのは「通過利用」の場合だけ。

また、その他にも北陸地方にはJRでない会社がJRと直通運転を行っていたりして、乗れそうだけど乗れない路線がいくつかあります。

そんなややこしい北陸地方の青春18きっぷで乗れる路線、乗ってはいけない路線についてわかりやすくまとめました。

北陸の青春18きっぷで乗れる特例区間

北陸には青春18きっぷで乗れる特例区間が2つあります。

それはIRいしかわ鉄道とあいの風とやま鉄道の一部です。

IRいしかわ鉄道

IRいしかわ鉄道の金沢駅~津幡(つばた)駅は「通過利用」をすることが許されています。

「通過利用」とは途中の駅で降りられない、つまり金沢~津幡の間にあるIRいしかわ鉄道の駅に降りることはできないということです。降りる場合は別途運賃が必要となります。

なお、金沢駅、津幡駅での下車は可能です。

金沢駅からはJR北陸線、津幡駅からはJR七尾線がでており、これらに乗るときは普段通り18切符を利用できます。

なお、金沢駅からはこのIRいしかわ鉄道の金沢~津幡を経由して七尾線に直通する列車が多数運転されているので、七尾線に行きたい場合は直通列車に乗るのが便利です。

注意

金沢~津幡駅の通過利用の特例は金沢以西の北陸線と津幡以北の七尾線の駅で乗降する場合のみ認められます。

あいの風とやま鉄道

あいの風とやま鉄道の富山駅~高岡駅も「通過利用」は許されています。

これも先ほどと全く同じで、通過利用なので富山駅と高岡駅以外のあいの風とやま鉄道の駅で降りることはできません。

降りる場合は別途運賃が必要となります。

高岡駅からは北にJR氷見線(ひみせん)、南にJR城端線(じょうはなせん)、また、富山駅からは南にJR高山線がでており、これらはJRなので普段通り18きっぷを使うことが出来ます。

ただし、富山駅に青春18きっぷだけで訪れるには、高山線を使う以外に方法がないので注意してください。

注意

富山~高岡駅の通過利用の特例は富山以南の高山線と高岡駅から南北に延びる(高岡駅を含む)氷見線・城端線の駅で乗降する場合のみ認められます。

余談 ~特例区間ができた経緯~

なぜ金沢~津幡、富山~高岡は特例で18きっぷで通過利用できるのか、その理由についてお話ししましょう。興味がない方はここは読み飛ばしてください。

北陸新幹線が金沢まで開業する前は、今のIRいしかわ鉄道やあいの風とやま鉄道の区間もJRの路線でした。

しかし、国の法律で「基本的に新幹線と並行して走っているJRの在来線はJRから切り離される」という決まりごとがあります。(一部例外もあります)

北陸新幹線

したがって、2015年に北陸新幹線が開業したとともに、北陸新幹線に並行して走っているJR北陸線の一部であった金沢~直江津はJRから切り離されてしまいました。

JRから切り離された結果、「IRいしかわ鉄道」や「あいの風とやま鉄道」などの路線が生まれました。なお、これらは地方自治体によって運営されています。

このとき、北陸新幹線に並行していない七尾線、氷見線、城端線はJRのまま残ることとなりました。

ところが、金沢より東がJRの路線でなくなってしまったので、これらの3路線は外からJRを乗り継いでたどり着けないJRの路線となってしまいました。いわば陸の孤島

こうなってしまえば18きっぷで行く術がなくなってしまう・・・そうだ特例を作ってしまおう!

といった経緯で今回紹介した特例が生まれたのです。

北陸の青春18きっぷで乗れない注意が必要な区間

津幡~高岡駅は通過利用もできない

津幡駅~高岡駅は青春18きっぷで乗車することはできません。

JRの路線、JRの路線でないけど通過利用できる特例区間、乗ることが出来ない区間をまとめました。

青色がJR、赤色が通過利用のみ可能な特例区間、緑色が18きっぷで利用することが出来ない区間です。

つまり、例えば金沢~富山を在来線で移動するときは金沢~富山までの運賃を全額支払わなければならないです。

さきほども書きましたが、通過利用の特例が適用されるのは、

  • 金沢以西の北陸線の駅と津幡以北の七尾線の駅で乗り降りする場合
  • 富山以南の高山線の駅と高岡から南北にのびる城端線・氷見線の駅で乗り降りする場合

のみに限られます。

ですので、以上の2つに該当しない、金沢~富山の移動は特例が適用されません。

なお、金沢~富山間を移動するウラワザとしては津幡駅、高岡駅の両方で一度ずつ下車すれば、特例が適用できるので津幡~高岡の運賃しか払わずに済みますね(笑)

富山駅~直江津駅

富山駅から直江津駅はJRの路線ではなく、特例もないので使うことはできません。

途中の糸魚川駅からはJR大糸線が出ているため、大糸線経由で糸魚川駅へ行く場合のみ糸魚川駅で下車することが出来ます。

のと鉄道も使えない

「のと鉄道」はJR七尾線の終点である「和倉温泉駅」からさらに石川県の能登半島の北へとのびる路線です。

この「のと鉄道」とJR七尾線は直通運転を行っているため、のと鉄道にも乗れると勘違いしてしまう方がいますが、乗ることはできません。

のと鉄道の列車は和倉温泉駅のひとつ隣の駅である「七尾駅」まで直通しています。

和倉温泉駅まではJRの路線となっているので、七尾駅~和倉温泉駅の間はのと鉄道に直通する列車に乗っても問題はありません。

スポンサードリンク








3 件のコメント

  • 本日富山→金沢を青春18きっぷであいの風とやま鉄道を利用したところ、通過利用などのルールはなくフル区間(1220円)を購入する説明がありました

    • はい、当ページにも書いてありますが、通過利用は金沢駅以西の北陸線と七尾線の駅で乗降する場合、富山駅以南の高山線と高岡駅から南北にのびる城端線・氷見線の駅で乗降する場合にのみしか適用されません。
      津幡駅~高岡駅は青春18切符に関する特例はありませんので、そこを通る場合は通常運賃を支払う必要があります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です