これさえ読めば大丈夫!新幹線の乗り方を初歩からわかりやすく解説

新幹線に乗りたい人
新幹線、今度乗ろうと思うけど、よくよく考えたら、きっぷの買い方とか、自由席と指定席の違いとかわからないこと多いから不安・・・

そんな方に向けて今回は、新幹線の乗り方全般について詳しく解説していこうと思います。

この記事を読むとわかること
  • 新幹線の「普通車」と「グリーン車」の違いや「自由席」と「指定席」の違い
  • 新幹線の切符の買い方
  • 新幹線の切符の見方
  • 改札の通り方・新幹線に乗ってから気を付けること

新幹線は普通の電車の乗り方とは少し違います。

少し違うとはいっても、みなさんが思っているよりも100倍くらいは簡単な手順で乗れてしまいます。

切符の買い方から乗り方、乗った後のことまですべて、わかりやすく解説していきますね。

新幹線に乗る前に知っておくべきこと

まず、新幹線に乗ったり、切符を買ったりする前に最低限知っておいてほしいことが2つだけあります。

それは、「新幹線の座席のグレード」と「自由席と指定席」の違いです。

新幹線の座席のグレード

新幹線の座席のグレードは「普通車」と「グリーン車」と「グランクラス」が存在します。

普通車<グリーン車<グランクラス

の順番に車内設備やサービスは良くなっていきますが、同時に料金も高くなっていきます。

ただし、グランクラスについては北陸新幹線・東北新幹線・北海道新幹線にしか存在しません。

また、中にはグリーン車もグランクラスもなく、普通車だけしかない新幹線もあります。

指定席と自由席の違い

新幹線の普通車には基本的に「自由席」と「指定席」があります。

ちなみに、グリーン車やグランクラスは全席指定席となっており、自由席はありません。

【指定席】

まず、新幹線には自由席車両と指定席車両があるので、指定席車両に乗りましょう。

指定席の場合は「あなたは〇〇駅〇時〇分発の新幹線の〇号車のこの席に座ってくださいね~」という感じに乗る新幹線や乗る座席まですべて指定されてあります。

なので、乗る列車や乗る号車などを間違えないようにしてください。

指定席は自由席の場合より500円ほど値段が高くなりますが、その代わりイスに座れることは保証されています。

【自由席】

自由席の場合は新幹線の自由席車両に乗ってください。

自由席に乗る場合は指定席の時とは違って、「何時発の列車の列車に乗れ」だとか乗る号車、座る席などはまったく指定されていません。

逆に言うと、自由席車両なら何時発の列車に乗ってもいいし、どの号車のどの座席に座ってもいいということです。

自由席は指定席より少し安くなりますが、座れる保証はなく、混んでいる時間帯だと座れない場合があるので注意してください。

注意

中には自由席が設定されておらず、指定席だけの新幹線もあります。

乗ろうとする列車に自由席がちゃんとあるかだけは乗る前に必ず確認しましょう。

新幹線の切符の買い方

次に新幹線の切符の買い方について解説します。

買う時にミスらないようにしっかりと理解して読んでくださいね!

新幹線に乗るときに必要な切符

新幹線に乗るときには乗車券(運賃)」と「新幹線特急券」の2種類の切符が必要になります。

「乗車券」の方はいつも普通に電車に乗るときに買う切符と同じです。例えば、皆さんの最寄りの駅から2つとなりの駅に行くのにもお金(運賃)がかかりますよね?

これと同じで新幹線に乗る場合も新幹線に乗る駅から降りる駅までの運賃が必要です。

新幹線ではこの「乗車券(運賃)」に加えて「新幹線特急券」が必要になります。

なお、新幹線特急券の値段はあなたがどのグレードの座席(普通車かグリーン車か?とか)に乗るか、自由席か指定席どちらに乗るかによっても値段は変わります。

 

実際に買った切符はこんな感じ。

東京から京都までの乗車券・新幹線自由席特急券

さきほど乗車券と特急券が2種類必要だとかきましたが、これは乗車券と新幹線特急券が1枚にまとまっているタイプの切符もあります。2種類って書いてたのに1枚しかもらえなかったからといって慌てないようにお願いします(笑)

なお、乗車券と新幹線特急券が1枚にまとまっておらず、2枚に分かれているときもあります。

新幹線のきっぷはみどりの窓口か指定席券売機で買おう

次に新幹線の切符の具体的な買い方について説明していきます。

新幹線の切符は乗る日の1か月前の10時から予約することができ、JRの「みどりの窓口」かみどりの窓口に併設してある「指定席券売機」で買うことが出来ます。

みどりの窓口で買う場合と指定席券売機で買う場合のそれぞれを見ていきましょう。

【みどりの窓口での買い方】

みどりの窓口はJRの有人の切符売り場で、自分の欲しい切符を伝えるとJRの職員さんが切符を発券してくれます。

みどりの窓口で伝えること
  • 新幹線にのる日と乗る時間帯
  • どの種類の新幹線に乗るのか
  • 乗る座席のグレード(普通車かグリーン車かなど)
  • 自由席か指定席かどちらにのるか
  • 乗車券が必要な区間と新幹線特急券が必要な区間(※)

この5つを伝えてお金を払うと切符を発券してもらうことが出来ます。

具体的に書くと

「8月25日の17時に東京駅を出発する『のぞみ(新幹線の種類)』の普通車指定席に新大阪駅まで乗るので乗車券と特急券をください」

といった感じですね。もし自由席に乗る場合は乗る日の指定はいりますが、乗る時間帯はいわなくても大丈夫です。

※について

例えば、A駅からB駅を経由してC駅まで行くときにA~Bは新幹線、B~Cは新幹線を使わず、在来線(新幹線でない普通の電車)で行くとします。

このとき、乗車券(運賃)はA駅からC駅まで必要ですが、新幹線特急券はA駅からB駅までしか必要ありません。

こういう場合は「乗車券はAからCまで、特急券はAからB駅までください」みたいな感じで頼めばOKです。

【指定席券売機での買い方】

指定席券売機だとだいたいこんな感じです。

指定席に乗りたい場合は「指定席」を選び、自由席に乗りたい場合は「自由席」を選びましょう。

さきほど、「みどりの窓口で伝えること」を5つ書きましたが、指定席券売機ではそれを機械で自分で選択していくだけです。

窓口は混むことも割とあるので、機械の操作に不安がない場合は指定席券売機で自分で切符を買ってもいいと思いますよ!

新幹線の切符の見方

「新幹線の切符は色々書いてありますが、何が何なのか、見方があまりわからない・・・」

そんな人に向けて画像付きで詳しく教えますよ!!

【自由席の切符の場合】

画像に説明を書き込んでおきました。

自由席なので乗る新幹線の指定や座席の指定はないんですね~

ちなみに、「学割」とありますが新幹線は学割があって、それを使うと「学割」と印字されます。

【指定席の切符の場合】

画像は「旅テツ人の部屋」様から提供していただきました。

こちらも画像に説明を書き込んでおきました。

グリーン席特急券とありますが、正確にかくと「グリーン車指定席特急券」です。

指定席の切符なので乗る列車やその発車時刻・座る座席が書かれています。

新幹線の乗り方 ~いざ新幹線に乗ろう!~

これで切符を買うまでの準備は終わりです。

というわけで、いよいよ新幹線に乗っていくことにしましょう。

改札の通り方

改札を通るときは新幹線の乗車券と特急券を両方通す必要があります

もし乗車券が1枚にまとまっている場合は1枚だけ、乗車券と特急券が1枚にまとまっていない場合は2枚を同時に通してください。

ただし、その新幹線に乗る駅までにくるために使った切符がある場合はそれも一緒に通してください。分かりにくいと思うので具体例をあげましょう。

具体例

A駅からB駅までは在来線(普通の電車)で、B駅からC駅までは新幹線を使うとしましょう。

B駅からC駅までの乗車券と特急券はあらかじめ持っているけど、A駅からB駅までの切符を持ってない場合はA~B駅までの切符を買いますよね?

このとき、B駅で新幹線の改札を通るときはA~Bまでの乗車券とB~Cまでの乗車券と特急券はすべて改札に通さないといけないということです。

ホームで待つ位置

ホームに行くと乗車位置の上に電光掲示板があると思います。

電光掲示板に列車の種類と号車が表示されます。(例「のぞみ609号 3号車」という感じ)

指定席の場合は自分が指定されている号車の乗車位置に並んで待ちましょう。

自由席の場合は何号車が自由席になっているのかを確認して自由席の号車の乗車位置に並んでおきましょう。もちろんですが、自由席に乗る場合は並ぶのが早ければ早いほど座席に座れる確率があがります

車内では検札がある場合が

「新幹線に乗ってひと段落!」

と行きたいところですが、車内では車掌さんが検札に回ってくるときがあります。

「切符をみせてくだ~い」と言われると思うので、さっき改札を通してでてきた切符を見せてくださいね~

検札は2回以上は基本的に来ないので、そのあとは寝るなり、読書するなり何をしていてもOKです!

降りる駅だけ間違えないように

最後に降りる駅だけは間違えたり、寝たまま乗り過ごさないようにしてください。

車内の扉の上に電光掲示板があり、そこに次に到着する駅が表示されるちょくちょく確認しておきましょう。

また、指定席を利用する場合は切符に降りる駅に到着する時間が書いているので、そっちもしっかり見ておいてくださいね。

新幹線の乗り方まとめ

新幹線の乗り方まとめ

新幹線の乗り方やその準備、乗った後に気を付けることなどをすべて解説しましたがいかがでしたか?

思ったよりも難しくはなかったですよね?最後にもういちど要点だけまとめておこうと思います。

おさらい
  • 普通車<グリーン車<グランクラスの順で車内のグレードも料金も上がる
  • 指定席は座席があらかじめ決まっている、自由席は座席が決まっていない
  • 新幹線に乗るためには「乗車券」と「新幹線特急券」の2つの切符が必要
  • 新幹線の切符はみどりの窓口か指定席券売機で買おう
  • 改札では乗車券も特急券もどちらも通そう
  • 車内では検札がくることがある

ザックリいうとこんな感じですね。「おさらい」を見て、「ここってどうだったっけ?」という箇所があればもう一度見直してください。

それでは、この記事をよんだ方が不自由なく新幹線の旅を楽しまれることを期待しております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。ご不明な点などがあれば、コメントやお問合せページから遠慮なく聞いてくださいね!

スポンサードリンク








6 件のコメント

  • 初めて新幹線を利用するので、説明を読んでも不安です。A〜Dまでの乗車券を買ってB〜Cで新幹線を利用して行くのですが、Dの駅を抜けてから普通電車に乗ってE地点に向かうことは、可能なのでしょうか??日本語が下手ですみません

    • 黒豆さま
      当サイトにお越しいただきありがとうございます。

      A駅~(在来線)~B駅~(新幹線利用)~C駅~(在来線)~D駅のような感じでD駅へ向かい、D駅で一度駅の外に出てからD駅に入りなおしてE駅(A~Dまでの経路にない駅)へ向かうという解釈でよろしいでしょうか?

      D駅を出た後にD駅からE駅までの切符を買えばE駅へ向かうことが可能です。もしくはD駅を出ずにそのままE駅へ向かい、E駅で足りない料金を精算するというのも可能です。

      もし黒豆さまの質問の意図と違ったり、こちらの回答がわかりにくいようでしたら、お手数をおかけしますがもう一度コメントを頂くか、当ページ右上の「お問い合わせ欄」からメールを直接送っていただけるとありがたいです。

  • こんばんは失礼します。サイト拝見させて頂きました。
    A駅~C駅の在来線新幹線込の乗車券と、B~C駅の新幹線の区間の特急券を持ってる際、
    A~B駅(在来線)に乗り、在来線の改札を出ずに新幹線の改札から入場しB~C駅(新幹線)まで行きたい場合、A駅で通すのはA~C駅間の乗車券のみで、B駅に着いて、B駅の新幹線の改札を通る時にA~C駅の乗車券とB~C駅の特急券を通す、でいいのでしょうか?
    説明がわかりづらくてすいません。

    • ちよこぼ様

      当サイトへお越しいただきありがとうございます。

      ええ、切符の通し方はそれで間違いありませんよ!

      • 助かりました。ありがとうございます!!
        サイトも丁寧で分かりやすかったです。応援しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です