【徹底比較】レッドブルとモンスターエナジー効果があるのはどっち?

皆さん「エナジードリンク」って飲みますか?

ちなみに僕はめっちゃ飲みますし、昨日の寝る前もモンスターエナジー飲んでました!

そのせいで夜眠れなくなってしまったのは秘密です。

ただ、個人的にはレッドブルを飲んだ日は特に夜眠れなくなったことはないなぁと思うんですよね。

実際、こういったエナジードリンクって「眠りたくないとき」に飲む方が多いと思います。

 

ってことで、今回はレッドブルとモンスターエナジー、効果があるのはどっちなのかっていうのを検証してみたいと思います。

レッドブルとモンスターエナジーの基本情報

まずは、レッドブルとモンスターエナジーの基本情報から。

レッドブル

発売会社 RedBull Gmbh

発売年 2005年

種類 「レッドブル」と「レッドブルシュガーフリー」の2種類

 

発売年2005年と聞くとかなり早いなぁという感じがします。少なくともその時僕はリポビタンDは知っていましたが、レッドブルは知っていませんでした。

キャッチコピーは「レッドブル、翼をさずける」。皆さんも1度くらいはコマーシャルなどで耳にしたことはあるのではないでしょうか?

そして、レッドブルと言えばやっぱり「牛」ですよね、そうこの今にも襲い掛かってきそうな牛!

おもしろ豆知識

レッドブルが生まれた国はタイ。

創業者がタイ王国の飲み物であるKrating Deang(クラティン・デーン)をもとに、今のレッドブルを開発したそうです。

創業者はオーストリアの人のディートリヒ・マテシッツさんという方で、もともとヨーロッパには「エナジードリンク」という概念そのものがなかったそう。

そんなおり、マテシッツさんは、日本を訪れた際にエナジードリンクを見かけてびっくり!

ヨーロッパでも売れるのではないかと考え、作ったのがレッドブルだそうです。

そんなこともあって、日本の「リポビタンD」を参考にしているところが大きいようです。

モンスターエナジー

発売会社 モンスタービバレッジコーポレーション

発売年 2012年

種類 6種類・・・緑、青、白、オレンジ、赤、ビン入り(正式名称略)

 

容器はおなじみ、少し毒々しい感じですよね~。

レッドブルの売り出された2005年と比べるとかなり遅い気がしますね。

レッドブルと比べると味の種類がかなり豊富ですよね~、ちなみに海外ではもっとたくさんの味があるようです。

 

 

ここまでの、おさらいとしてレッドブルとモンスターエナジーの基本情報をサクッとまとめておきました。

 レッドブル  モンスターエナジー
 発売会社  RedBull Gmbh モンスタービバレッジコーポレーション
 日本での発売年  2005年  2012年
 種類  2種類  6種類

 

レッドブルとはケタ違いのモンスターエナジーの効果

カフェイン含有量

まずは気になるカフェインから比べてみました。

皆さんもご存知の通り、カフェインには覚醒作用があり、睡眠などを妨げる効果があり、エナジードリンクには最も欠かせないものです。

  • モンスターエナジー(355ml) 142mg
  • レッドブル(250ml) 80mg

という結果です。

なるほどな~、結果を見て納得。レッドブルとは桁が違う

「今夜はガチで寝れない」、「運転中だから寝たら死ぬ」のような方にはぜひ「モンスターエナジー」をおススメしますね!(笑)

糖分含有量

次に糖分の含有量を比べてみます。

糖分は脳のエネルギーとなるので、こちらもエナジードリンクには欠かせないものです。

  • モンスターエナジー(355ml) 45g
  • レッドブル(250ml) 26g

こちらもモンスターエナジーの圧倒的勝利です。

アルギニン含有量

アルギニンは名前は聞いたことがあるけど、どういう物質なのかわからない方も多いのでは?

アルギニンは免疫力のアップや疲労回復に効果があるといわれており、外部からの細菌やがん細胞を破壊してくれる働きがあるようです。

  • モンスターエナジー(355ml) 450mg
  • レッドブル(250ml) 300mg

なんと、今回もモンスターエナジーの圧勝。

ちなみに・・・

ちなみに、レッドブルは2種類、モンスターエナジーは6種類あって全部を比較したらキリがないです。

レッドブルはノンシュガーではない、普通のレッドブルを、モンスターエナジーも緑のモンスターエナジーを代表として扱いました。

その他の成分

参考程度に、モンスターエナジーとレッドブルの成分詳細を調べてみました。興味がある方はご覧ください。

なお、100mgあたりの各成分の含有量です。

成分比較  レッドブル  モンスターエナジー(緑)
炭水化物 10.7g 13g
ナトリウム 80mg 78mg
ビタミンB2 0.09mg 0.7mg
ビタミンB6 2mg 0.8mg
ビタミンB12 2µg 1~6μg
ナイアシン 3g 8.5g
パントテン酸 2mg 0
アルギニン 120mg 125mg
カフェイン 43.2mg 40mg
D-リボース 0 125mg
高麗人参 0 82mg
カルニチン 0 29mg

100mgあたりの含有量ではレッドブルの方が勝っているものもありますね~

ただ、モンスターエナジーは1缶あたりの容量がおおいので、結果的にモンスターエナジーの方が成分含有量は多くなってしまいますね~

まとめ

結局、モンスターエナジーの1缶の量が多いため、だいたいの勝負においてモンスターエナジーがぼろ勝ちするということがわかりました(笑)

特にカフェインの量に関してはモンスターエナジーはケタ違いです。

というわけで、寝てはいけないとき、元気を出したいときはぜひモンスターエナジーを飲みましょう!

 

スポンサードリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です