人生の折り返し地点は本当は7歳?人間の体感時間についてまとめてみた

「あれ、もう1年たったのか・・・」

「大人になってから、時間がたつのがとてつもなく速い!」

どうも、20歳を過ぎてから時間が光の速さで過ぎていくようになったすーちゃんです!

実際、みなさんも昔と比べると1年の長さって短いなぁって思いませんか?

ということで、今回は

  • 人生の折り返し地点はガチで7歳なのか?
  • 体感時間をなんとか長くする方法がないのか?

についてまとめてみました。

人の体感時間について調べた研究があった

実は、人の体感時間について研究した人がいたんです。

それに基づいて人生の折り返し地点を計算してみましょう。

ジャネーの法則

「いや、いきなり難しそうな法則の名前やめて!」

って言われそうですが、内容自体は全然難しくないです。

ジャネーの法則とは

人が感じる年月の長さは、同じ時間であっても、年をとっている人の方が短く感じ、年をとっていない人の方が長く感じるという法則。

これによると1年の体感時間は年齢に反比例する。

といった内容です。

なるほど、どうやら「年をとるにつれて1年の長さが短く感じられる」というのは間違っていないよう。

ここで、気になるのは、「1年の体感時間は年齢に反比例する」ということ。

体感時間をグラフにしてみました。

「1年の体感時間は年齢に反比例する」ことに基づくと・・・

1~2歳になるまでに感じる1年は0~1歳の間に感じる1年の半分。

2~3歳になるまでに感じる1年は0~1歳の間に感じる1年の3分の1。

3~4歳になるまでに感じる1年は0~1歳の間に感じる1年の4分の1。

・・・ということは、

20~21歳になるまでに感じる1年は0~1歳の間に感じる1年の21分の1。

なるほど、なるほど、そりゃぁ、小学生の頃とかと比べると1年が過ぎるのが早く感じて当たり前ですよね。

ジャネーの法則から人生の折り返し地点を計算してみる

それでは、実際にこのジャネーの法則から人生の折り返し地点を計算してみます。

ここでは、仮に0歳から1歳になるまでの1年を本当の1年の時間と仮定し、さらに人生を80年だとして計算します。

そうすると、人生の体感時間は

1+1/2+1/3+1/4+・・・・1/78+1/79+1/80≒4.96

0~80歳までの体感時間は0~1歳までの体感時間のだいたい5倍。

え、やばいやばい。これだけでも正直驚きを隠せない。

では、僕の年齢である20歳までの体感時間を計算すると

1+1/2+1/3+1/4+・・・・1/18+1/19+1/20≒3.59

えっ?えっ?

20歳でもうすでに人生70%終わってるんですけど・・・・

ぼく、もう残された人生30%だったの???

ちなみに、折り返し地点は6~7歳の間。

みなさん、よく聞いてください。人生の折り返し地点は本当に7歳ごろでした!!!

で、実は、ここで採用した計算方法、理系の僕に言わせればガバガバなんです。

厳密に計算してみましたが、ちょっとややこしいかもしれないので、興味がある人だけ見ていただければなぁと思います。

もうちょっと厳密に計算してみた

では、今0歳の人がいて、ちょうど誕生日を迎えたとする。すると、急に体感時間は短くなるのか?

おそらく答えはノー。

今日は昨日の1日より、体感時間は短いはず。

そんなことを言えば、今の1時間とさっきの1時間では今の1時間の方が体感時間は短いはず・・・

いや、もっと掘り下げて今過ごしている1秒はちょっと前にすごした1秒より短く感じられるはず!

 

おわかりいただけたでしょうか?

ジャネーの法則に基づくと、体感時間というものは、刻一刻と短くなっていくものだと言えるでしょう。

ここで、理系の方ならわかると思いますが、「積分」をするとで、厳密な体感時間を計算することができます。

こんな感じです。80歳までの体感時間はおよそ、4.39年。

さきほどの結果とそこまで差はないですね。

 

厳密に計算した結果からまとめてみました。

 

人生は・・・

10歳までに53%

20歳までに73%

30歳までに78%

40歳までに84%

終わっている計算になります。

ただ、ジャネーの法則も必ずしも正しいというわけではないようですが、年を取るごとに体感時間が短くなるのは事実のよう。

まさに「光陰矢の如し」。毎日、無駄にダラダラ生きてられませせんね。

体感時間を長くするには・・・

新しいことに挑戦する

みなさんも経験があるかもしれませんが、人間は同じことを繰り返していると、体感時間は短く感じられるようになっているようです。

なので、今までやったことがない新しいことに挑戦すると効果がありそうです。

確かに、小さいころって、経験することすべてが、新しく経験することばかりです。

でも、年を取るにつれて経験したことがあることが増えていきます。

もしかすると、年を取るごとに体感時間が減っていく原因はここにあるのかもしれません。

新しい場所に行ってみる

てっとりばやく、「新しい体験」を得る方法はやっぱりこれではないでしょうか?

新しい場所に行ってみる、すなわち、旅行をすればいいんですよ!

旅行に行って、普段は見れない景色を見たり、普段は会わない人と話したり、普段はできない体験をする。

僕も、週末はどこかに出かけていることが多いですが、毎回、日常ではできない体験があって面白いですよ!

残りの人生、有意義に生きよう

今回は、人生の体感時間についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

ジャネーの法則によると、人生の折り返し地点はどうやら7歳のときで、20歳ではもう人生の70%が終わっているようです。

ジャネーの法則が必ずしも正しくないにせよ、思ったより残されている時間は短いのではないのでしょうか?

結論

毎日を無駄にダラダラ生きていませんか?

人生は短い、もういちど自分の生き方を考え直してみよう。

スポンサードリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です